貯金ゼロの浪費生活に終止符を打ち、お金を貯めるために狭小1K築古物件に引っ越したOLの収支・資産・給与明細公開ブログ。

わたしにとって虎の子である定期預金の100万円。

その定期預金が去年の年末に満期になったので解約し、そのお金をそっくりそのまま証券会社の口座に移して、今年の1月からひと月10万円ずつNISA扱いの投信で積み立てしていました。

そして、その100万円が10万円×10ヶ月=今月末で全てなくなりました。
 
わたしは投信の積み立ての他にiDeCoで月12,000円も積み立てているので、今年はひと月112,000円を投資に回してた事になりますが、
今後は毎月の所得から出費を引いた残りのお金で投信の積み立てをしていく事になります。
 
虎の子を使い切った今、さすがに毎月の余剰金のみでひと月112,000円の投資は無理だろう。減額しよう…と思ったのですが、
年2回のボーナス・年4回のバス定期代の支給・年1回の診断給付年金を入れて計算してみたところ、もしかしたらこの現状の掛け金を維持できるのではないか?と算段が立ってきました。 

社会人になって20年以上散財しまくって40歳近くになるまで全く貯金をしてこなかった分、今ここでしっかり貯めないと。

来月からも、やれるところまで「ひと月112,000円の掛け金」で頑張ってみようと思います!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

去年の5月に手続きをして始めたiDeCoで毎月12,000円積み立てています。

現在の資産状況はこんな感じです。

 20181021_photo_1


先月の今頃は、
損益 -5,489円 損益率-3.0% だったのが、
損益 -9,184円 損益率-4.8% になりました。

インデックス投資は長い期間で運用する事によって利益が出るいう事を理解した上でiDeCoを始めたので、今は損益がマイナスでも全く気になりません。

iDeCo資産内訳


現在の資産の内訳はこんな感じです。

20181021_photo_2

先月末くらいに、今まで積み立てていた運用管理費用の高い内外株式ファンドを運用管理費用の安い国内株式のファンドにスイッチングしました。

現在保有している国内株式のファンド・海外株式のファンドとも運用管理費用が安いので、あとはこのまま両方半々くらいの割合をキープできるよう積み立て額の割合を微調整していく方針で長期スパンで眺めていこうと思います。

現在の参考書 


iDeCoを始めた当初は「よくわからないし、素人だから、とりあえずバランス型で」と積立を開始しましたが、この本を読んで手持ちファンドのスイッチングをしました。




NISAで運用している投資信託の積み立ても、この本を読んだ後に保有しているファンドの目論見書を読み直して運用管理費用を確認し、以降の積み立てファンドを変更しました。

iDeCoもNISAの積み立ても基本は放置姿勢だけれど、年に一度は運用内容についてしっかり考え直したい。
いい本に出会えてよかったです!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

40代半ばの都内勤務OL(正社員 勤務歴20年超 転職歴無)の今月と過去2ヶ月分の給与支給明細です。

20181020_photo_1


手取り218,662円。
先月は残業が0時間だったため超勤手当はありません。

残業手当ナシに加えて社会保険料が上がってしまったのも相まって、今月は手取り額が低いです。。。

この社会保険料(健康保険・介護保険)を計算する標準報酬月額の基準になる4〜6月もほとんど残業をしてなくて(合計3時間でした)、3ヶ月とも支給合計は30万以下なのに、保険料を決める元となる標準報酬月額の等級が310,000〜330,000円で計算されていて。

何故!?と調べてみたら…

3ヶ月の給料支給額の平均は294,304円なのですが、

2月の引っ越しで会社から支給されている通勤交通費が前住居の時より月額にして3,000円上がって月平均18,046円になり、この月額割りした通勤交通費を給与支給額に足すと標準報酬月額は312,350円。

ひと月たった3,000円上がった通勤交通費のせいで「標準報酬月額の等級 310,000〜330,000円」の枠に繰り上がってしまってました。。。

まあその支給されている通勤交通費のうちバス代26,220円×年4回はバスに乗らずに懐へ入れてるのでプラス部分が大きいですが。

社会保険料計算の勉強になった今月の給与明細書でした。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

人一倍寒がりなわたしは去年の冬からこれを使っています。

20181019_photo_1

窓からの寒さ対策、断熱カーテンライナー!
ガラス窓とカーテンの間にもう一枚ビニールカーテンを吊るすことによって、二重サッシに近い効果が得られます。
この断熱カーテンを使うようになってから、室内の冷え込みが軽減されました。

20181019_photo_2


この断熱カーテンは床から20cmほどの長めのサイズにして垂らす事によって製品の断熱効果を発揮するものです。
ですが、うちはこの窓の外のベランダに洗濯機を置いてるためカーテンの開け閉めが多く、床に引きずる長さだと日々の家事の邪魔なので、床ギリギリサイズに切ってしまいました。
それでも窓全体からの冷気は遮断してくれてるのでちゃんと断熱効果があります。

今まで窓にプチプチを貼ったり、窓際に断熱板を立てかけたり何年間も試行錯誤してきましたが、これが一番扱いやすくて日常の家事に支障なく効果が感じられる物として落ち着きました。

寒がりな方は一度試してみてはいかがでしょうか😊


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

9月に受けた人間ドックの結果報告書がやっと届きました。
 
わたしは今年の5月から、主に節約のため、そして健康のために、「飲み会以外では飲まない、一人飲みしない」というルールで禁酒しています。

成人してから20年以上、仕事から帰宅後毎日1缶は飲んでいたアルコールをパッタリと止めて丸4ヶ月。

自宅で自己判断できるものとして、「顔のむくみが取れた、少し体重が減った」という禁酒効果がありましたが、果たして人間ドックでどのような結果が出たかというと…、

20181016_photo_1

アルブミンの数値が改善し、毎年C1判定だった肝機能がA判定になりました!

γ-GTPの数値も面白いほど下がっています!

そして、体重の方は、

20181016_photo_2

1年前に比べて0.3kg減。元々が低めなのでこちらは誤差程度でした。

人間ドックの数値が改善した他にも、禁酒後のメリットとして、
①毎日の酒代が節約できる
②顔のむくみが取れた 
③夜中にトイレに起きなくなり朝まで熟睡できるようになった

デメリットは、
①以前より酒に弱くなったので飲み会の割り勘で損する
 
と、メリットの方が大きいので、今後も「飲み会以外では飲まない、一人飲みしない」ポリシーで楽しく禁酒生活をしていこうと思っています😊


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

↑このページのトップヘ