節約生活で年間164万円貯めた都内賃貸ひとり暮らしOLの家計簿・資産・給与明細公開ブログ

2019年4月末の資産をまとめました。 比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20190504_photo_1

20190504_photo_2

先月末の資産から92,492円増えました。

収支との比較

3月末と比べてリスク資産のiDeCoが+5,105円、積立投信が+55,709円=合計+60,814円。
(先月末残高+今月積立額ー今月末残高の計算です)

ひとつ前の記事の4月の収支は+32,060円。これにリスク資産が増えた分+60,814円を足すと+92,874円。
純資産の増減値+92,492円とほぼ一致します。

3月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=1,999,440円
生活資金(目安30〜50万円)=332,582円
余裕資金(老後まで使わないお金)=2,485,586円

生活資金から負債(カード引き落とし額)を引いた実質生活資金は125,338円です。

現在の貯金目的

これまでの数年間、自分の老後のために漠然と貯金していつつも、しっかりした目標までは考えていませんでした。

が、10連休中の帰省で久しぶりに長い時間実家で過ごしていて、着地点的なものがぼんやり浮かんできました。

定年で東京での仕事をリタイヤして故郷に帰ったら、その時この家は築60年超え。
リフォームしてバリアフリーの住みやすい家にしたい。
寒冷地なので窓も全て二重サッシにしたい。
庭の植木は取り払って、工具置き場兼車庫も取り壊して、家の前に小さい畑を作りたい。

何にせよお金がなければ実現できない事ばかり。

のんびりした田舎で穏やかで気持ちよく暮らす日々を目標にして、けれどそのために現在を犠牲にしすぎない程度に貯金を頑張ります!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
クリックが更新の励みになります😊

2019年4月 収支

4月の収支表。比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20190503_photo_1

20190503_photo_2

支出

支出合計 200,258円。

固定費

■家賃 59,324円 

■光熱費 5,212円 
・電気 3,276円 
・ガス 1,936円
・水道 0円
暖かくなってきたので電気ガス代とも下がってきました。

■通信 8,443円 
・mineo 2,509円
・au 1,202円 
・WiMAX 4,732円
auは故郷に住む母親のガラケー。わたし名義で契約したものを母に持たせています。 
WiMAX(ポケットWifi)は2年縛りの次回更新が今年の6月なので、そろそろ乗り換え先の検討をします。

流動費

■食費 20,691円
・食料品 16,069円
・外食 1,968円
・酒 2,654円
4月最後の3日間は実家に帰省していたので、その分少しだけ食費が安くなっています。
禁酒していたはずが酒代が毎月徐々に上がってきています。。。

■日用品 5,212円
日常の消耗品以外として、冬物をしまうにあたり防虫剤と衣類ケース用除湿剤を購入しました。こういうのって結構高いですよね。

■交通 0円
2月にクレカで10,000円チャージした分がまだ残っているため0円。

■交際費 13,243円
飲み会1回、ランチ1回、帰省時のお土産、退職する方へのプレゼントなど。

■趣味費 36,242円
遠征の新幹線代、舞台のチケット1枚、動画配信サービスの会費など。

■美容衣服 12,725円
美容院代(カットのみ)、下着2枚、靴下3枚、部屋着2枚、化粧品2個。

■医療 0円
定期検診関係もなく、4月は健康に過ごせました!

■その他 3,320円
仕事関係など。

特別費

■大型出費 36,140円
帰省の新幹線代と、穴の空いたベッドパッドの買い替え。

収入

収入合計232,318円。

■給与所得 219,859円

■その他 12,459円
・アドセンス収益 11,429円
・預金利息 4円
・スーパーのポイント還元 26円
・SBI証券投信積立キャンペーン当選金 1,000円

収入ー支出

プラス 32,060円
帰省の新幹線代が大きかったですが、3万円以上のプラスになりました。

年間収支累計

20190503_photo_3

ボーナス外で毎月55,000円貯金したい計算なので目標に追いつけてません。

今回のGWの帰省で『定年後にやりたい事』がぼんやりと見えてきて、それのためにもまとまったお金を作りたいので引き続き貯金を頑張ります!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
クリックが更新の励みになります😊

帰省中の実家にて、父が所用で外に出ていて母と2人だけで食事をしてた時の事。

「父さんがいない今しか言えないけど、お金の相談がある」

と母からお金の話を持ち出されました。

今まで一度も家のお金について具体的な話をされた事がなかったし、深刻な雰囲気で話し出されたのでかなりドキッとしました。

母の話は要約すると、

「農協に父名義のまとまった額の預金がある。年齢的に父の方が先に死ぬ可能性が高いから、父が生きている内に預金の名義を自分(母)に変更しておいた方がいいのか?」

という事でした。

ちなみにうちは銀行等の預金関係は全て母が手続きしていて、口座名義は父だけれど父は実質ノータッチ。父本人は銀行に自分名義のお金がいくらあるのかほとんど把握してません。

農協の預金も、一歩引いて主人を立てる古風な気質の母がだいぶ昔に父名義で作ったものだそうで、父本人には農協に預金がある事は知らせてないのだそう。

そんな物なら名義変更はややこしい事になりそうだから、一旦解約後した後に母名義で預金し直すか、父が死んだ後に相続手続きで名義変更すればいいのではないかとアドバイスしつつ、

「お金に困ってるから貸してくれ」という切羽詰まった相談ではなかった事にホッとしました。


が、その後、

「もう一つお金の相談がある」

と切り出され、次こそお金の無心!?と思いきや、、

「額に飾ってた古い500円札や記念硬貨は古銭商とかに持っていけばいいのか?」

…と。
古銭商はうちの田舎町にはないので、どうすればいいのか分からず困ってたらしい。

それはいつも行く銀行の窓口に持っていけば普通に額面で入金できるから。

と答えつつ、
貧乏だと思ってた実家はそこまで困窮するほどではないのだと感じ、肩の荷が少しだけ軽くなりました。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
クリックが更新の励みになります😊

↑このページのトップヘ