貯金ゼロの浪費生活に終止符を打ち、お金を貯めるために狭小1K築古物件に引っ越したOLの収支・資産・給与明細公開ブログ。

今の1K 20㎡のマンションに引っ越して初めての10月の電気料金の請求がきました。

20181015_photo_1


9/10〜10/9の30日間で76kWh使用、請求額は2,439円。

季節的に年間を通して一番電気料金が安い時期かと思います。
特に電力消費量が目立つものとしては、エアコンを1〜2回と、買ったばかりの除湿乾燥機を2〜3回使用しました。

35㎡→20㎡ 電気料金比較表 


35㎡の旧居との電気料金の比較はこちらです。

20181015_photo_2

部屋が狭くなった分、酷暑過ぎた8月以外は電気代が安くなっています💡

部屋の広さにかかわらず、6〜10月のエアコン暖房を使用しない時期はほとんど電気料金に差がないことがわかりました。

わたしは人一倍寒がりなので、これからのエアコン暖房+コタツ利用時の電気料金がどうなっていくのか気になるところです。

エアコンの暖房効果を高めるため、キッチンと居間の間に仕切りカーテンを付けようか検討中です。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

片道約7時間かけて田舎の実家へ帰省しのんびりできたかと思いきや、わたしは実家ではぐっすり眠れないので、帰省後は毎回長距離移動の疲れ+寝不足の疲れでぐったりします。

実家で眠れなくなったのは、多分2011年以降。

その頃わたしは東日本大震災と、その少し前に2chで知って手にした本に衝撃を受け、18年間の一人暮らしの間に貯めに貯めた部屋中のモノ(コレクション・雑貨・本を含む紙類・収納棚)を大処分。

今でいう断捨離をし、ミニマリストな生活を目指すようになりました。

それ以降、ミニマリストと言い切れるほどではないけれど、 モノが少なく急に他人が来ても迎えられるスッキリ片付いた部屋で生活することが当たり前になっていました。


そのスッキリした部屋の状態に慣れて帰省すると…

田舎の広い家なので所狭しとゴチャゴチャに積み重なるほどではないけれど、広いからこそモノが多くて、何年も使っていないモノが当たり前に居間・台所・洋間・和室に点在している実家。

家の外は庭木がたくさん、車庫兼小屋の中は工具がぎっしり。

浴室はリフォームしたてで綺麗だけれど、家族の人数分それぞれのシャンプー・リンス・ボディソープのボトルが10本近く。

唯一モノが少なくスッキリしているのはトイレのみ。


わたしが実家に泊まる時は洋間を寝室として使うのだけど、20年以上使われてないと思われる超大型スピーカーのステレオセット、もう二度と手に取らないであろう古い書籍、よくわからない置物、額縁に飾った賞状、飾り棚の中を埋めるためだけに置いてる古いグラス、ひと部屋に3つもある時計、使ってるのか不明な大型の健康器具、それら雑多なモノに囲まれて眠ることになり…

捨てたくないモノ、捨てられるのに捨てるのが面倒くさいモノ、どうでもいいただ置いてるだけのモノ。

それらが発する目に見えない雑音が頭の中を掻き乱して目を閉じても眠れず、

結果として、帰省しても実家ではぐっすり眠れないのです。


今の私は生き方が違うというだけで、両親のこの住環境を否定してるわけではなく、
母のことは大好きだし、父もうっとおしい面倒臭い人だとは思うけれど嫌いなほどではないです。
(ただ、ニート引きこもりのきょうだい、お前はダメだ)


モノが発するノイズから逃れて、早く戻ってゆっくりリラックスしたいと思った東京のわたしの狭い1K。

20181013_photo_1

間取り図のこの位置から撮った写真です。
20181013_photo_2
 
このスッキリした部屋にも、まだ処分したいモノ、コトが多少あって、時々眠れなくはなりますが…。
それらに手をつけられたら、いつか記事に書きます。


2011年初旬に手にした本の新装版はこちらです。
古いモノに囚われたわたしの生き方、暮らし方がガラリと変わりました。


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

先日の帰省はえきねっとトクだ値で30%OFF、35%OFFで切符を購入したという記事を以前書きましたが…

過去記事→『2018年09月10日 新幹線の切符が30%OFF!35%OFF!合わせて9,230円安く買えました!』

そのトクだ値で購入した新幹線に乗り遅れました(笑)

この手の企画ものの切符は購入時の割引率が大きい反面、乗り遅れの場合は切符が無効になります。

通常の定価販売の切符の場合は指定の新幹線に乗り遅れても後続の自由席で乗車できますが、わたしが昔よく遠征で利用していた東海道新幹線の「ぷらっとこだま」や、宿泊ホテルとセット販売の超割安切符なんかは乗り遅れの場合は切符は全て無効。

またお金を払って新規で切符を購入し直さなくてはいけませんでした。


さて、今回初めてトクだ値で乗り遅れた結果…、

20181013_photo_3
 
乗車券のみ有効、特急券のみ追加購入で乗れる救済措置がありました。 

乗車券+特急券の片道定価14,210円を、35%OFFで9,240円(▲4,970円)で購入し、
それに乗り遅れて5,290円の特急券を追加購入。

定価で購入していた場合と比べて、5,290円ー4,970円=320円の損で済みました。


みどりの窓口で乗り遅れのことを話し、特急券を購入した際、上記の写真のようにトクだ値の切符に「乗り遅れのため乗車券のみ有効」のスタンプを押されました。

この切符と追加購入した特急券の2枚を自動改札に通すとエラーで弾かれるので、有人改札を通るようにとの説明を受けました。


今回は東京に戻ってから自宅でのんびりしたいから、と早めの時間の新幹線を抑えて失敗しました😅
次回トクだ値で購入する際は余裕を持ったスケジュールを組んで切符を用意したいと思います。



☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

2018年08月30日に『管理費・共益費3,000円分の掃除』という記事を書きましたが、昨日帰宅時に共有部が清掃されているのを確認しました。

ひと月と10日ぶりに清掃業者が入ったようです。

9月の大型台風で飛んできた落ち葉、ゴミなどが共有部に溜まったままだったので、やっとスッキリしました。

20181012_photo_1

落ち葉といえば、先日帰省していた際、
うちの南隣の家の婆さんが「お宅の庭の木の落ち葉ですよ」と落ち葉を持って来たという話を聞かされたり、
かと思えば、うちの父が北隣の家の落ち葉がうちの敷地に入ってこないように高さ3メートルもあるネットを塀の上に張り巡らせていたり…(今回の帰省中リアルタイムでこれをDIYしていた)

のほほんとした田舎かと思いきや、面倒臭いご近所ゴトにうんざりしてきました…。


定年になったら故郷に帰ってのんびり暮らすつもりでいるのに、帰省するたびにその気持ちが萎えます。


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

冷蔵庫に保存している米が残りわずかになったので、リアル故郷にふるさと納税して返礼品として無洗米10kgを選びました。

この時期は収穫したての新米で届くので到着が楽しみです!


先日の3連休で半年ぶりに故郷に帰省したら、近所がちょうど稲刈りの真っ最中でした。
 
20181011_photo_1

うちに届く米はもしかしたら今ここで刈ってる米なのかもしれない…と思うと、ワクワク感もひとしお。


去年1年はふるさと納税でいただいた無洗米トータル40kgのおかげで一度もお米を買わずに済ませられました。
今年もおそらく買わずに済ませられそうです。

実質負担2,000円で米40kg…悪い事をしてるわけじゃないのに罪悪感を感じる金額です。

過去記事:【住民税】ふるさと納税の節税効果

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊 

↑このページのトップヘ