節約生活で年間164万円貯めた都内賃貸ひとり暮らしOLの家計簿・資産・給与明細公開ブログ

【前編】外部研修で知り合った同業社の人からマルチ商法に誘われた話
の続きです。

誘われた秋川渓谷での社会人サークルのバーベキュー大会は50名以上の大規模なものでした。

そもそも、趣味人のわたしは同じオタク趣味(同人誌を作ってコミケで売ったり、同じアイドルのファンだったり)とはすぐに打ち解けられるけれど、
そういう趣味関連の共通点がない一般の人とは何を話題にすればいいかわからず、今も昔も美容院で美容師と会話するのも苦手です。
(もちろん同じ趣味以外の一般の人に対してはオタクな話題は絶対口にしません)

なので、知らない人ばかりの河原のバーベキューは話をすることもできず、いきなり苦痛でした。

20180820_photo

周囲はワイワイと盛り上がる中、わたしがひとりで端の方で所在無く肉と野菜をつついていると、 鈴木さんがわたしと同じ〇〇県出身の人を連れてきました。

同じオタク趣味じゃない一般の人と話す話題のないわたしは、
「こんなにつまんないバーベキュー大会でも、せめて同じ県の人となら地元話で盛り上がれるかも」
と思い、
「わたしと同じ県の人もいるんですよね?」
と鈴木さんをせっついたから連れてきたのだと思います。

やっと救世主きた!と、前のめりな感じで、
「〇〇県のどの辺出身ですか?高校は?」
と矢継ぎ早に質問するわたしに相手は、
「〇〇市(県庁所在地)の…」と口ごもり、歯切れが悪い。

「〇〇市のどの高校ですか?」
その市なら、某高校で某スポーツが有名だったり、甲子園連続出場の〇〇高校がある、というところからなんとか話題を広げよう、とコミュ力の低いわたしなりに頑張った発言だったのですが、
相手は困ったように目をキョロキョロさせ、さも他で用事があるという風にわたしの前から去って行きました。

この辺で、「あの人は〇〇県出身じゃない。ていうか、このバーベキュー大会、なんかおかしい…?」とやっと気付きました。

もう一回だけ続きます。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
押していただけると更新の励みになります😊

今から20数年前、一人暮らしをしてまだ1年目の頃、 前述の記事の『同郷の同期』以外の人にもマルチ商法に誘われたことがありました。

【前編】わたしをネズミ講(マルチ商法)に誘った同期は今頃どうしてるだろうか?
【後編】わたしをネズミ講(マルチ商法)に誘った同期は今頃どうしてるだろうか?

当時のわたしのスペックは今と変わらず、

地方出身の一人暮らしで友達がいない(=相談できる相手がいない)
地味・おとなしい・真面目そう・気弱(=誘いを断れない)

自分で言うのもなんですが、見た目も中身もマルチ商法のカモにもってこいの逸材でした。

20180820_photo_3

21歳のある日、同業社間でとある専門職に携わる人々の共同研修というのがあり、 各社1名出席するところ、うちの会社からはわたしが出席する事になりました。 (例えるなら、建設業界の人事部門に勤めてる人たちに対する給与システムソフトの研修、的な)

研修会場に集まった人数は100名ほど。同業者とはいえ、各社1名出席なので全員見知らぬ同士。 わたしのような20歳そこそこの女子もいれば、おじいちゃんといった風情の年配の男性もいて、 どちらかといえば自分の父親に近い世代の男性が多めの研修でした。

昼から始まった研修は夕方には終わり、その会場でそのまま交流会と言う名の軽食の立食パーティーが催されました。

同業者とはいえ仕事上でも全く交流がない者同士、こんなパーティーなんてされても居心地が悪いし困ったもんだ…と思っていたところ、一人の女性がわたしに近付いてきました。

自分の父親世代の男性が多数の中、その人は数少ない自分に近い年齢の女性ということもあり、 軽食を取りながら彼女と楽しく話してその場を乗り切ることができました。

立食パーティーの半ば頃から、その人(仮に鈴木さんとします。もう名前は忘れました)のわたしへの接し方は、すっかり以前からの長い知り合いのような感じになっていて、 鈴木さんに聞かれるがまま、わたしは自分のスペック(年齢、出身地、社員寮を出て一人暮らしして間もないこと)を話していました。

会社を通しての外部研修で名刺交換をして会社名を明かした者同士、信用に値するから別に隠す理由もないし、そういう事くらいしか話す話題もなかったのでした。

立食パーティーの後半あたりで鈴木さんから
「今度わたしが所属してる社会人サークルで河原でバーベキュー大会があるんだけど、いろんな人が来て毎回凄く楽しいから是非来て! ヨイカネ(わたし。今更ですがハンドルネームをつけました)さんと同じ〇〇県出身の人もいるよ!」
と誘われました。

聞きなれない「社会人サークル」という言葉も、河原でバーベキューという未体験のイベントにも拒否感がありましたが、
鈴木さんの強引な誘いを断りきれずOKしてしまい、1〜2週間後、秋川渓谷のバーベキュー会場へ誘い出されました。

続きます。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
押していただけると更新の励みになります😊

夏真っ盛りの今頃、やっとコタツテーブルを撤去しました。

20180819_photo_2

6畳もない部屋だからこそ、コタツテーブルがないだけでスッキリ広々。

先日までずっとコタツテーブルを出しっ放しだったのは、

①床に座ってダラダラ飲み食いするのにちょうどいい高さだから
②コタツを片付ける収納スペースがない 

という理由だったからですが… 

家でお酒を飲むのをやめてダラダラ飲み食いする事もなくなったので、天板の広いコタツテーブルが少し邪魔に感じるようになりました。

収納スペースの問題については、コタツを分解してベッドの横の壁に立て掛ける事で解決しました。 

20180819_photo_3

(引越し当初からなぜかこちら側の壁だけ壁紙の色が違います)

引越し前から持っていたイームズチェアは5月に買ったニトリ折り畳みデスクには座面が高すぎて使いにくいので(2018年05月26日【模様替え】ニトリで折りたたみデスクを購入)、結局ベッドサイドテーブルになっています😅

ニトリ折り畳みデスクはベッドに座って使うのが一番ちょうどよくて、イームズチェアは捨ててしまってもいいんじゃないか?という気もして来ました。

が、こうやって家具を簡単に捨てたり買い直したりし続けて来たのも今までお金が貯まらなかった理由の一つなので、今回は慎重に考えます。

イームズチェアの足を切って高さを調節したら椅子として使えるようになるかな?

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
押していただけると更新の励みになります😊
 

↑このページのトップヘ