節約生活で年間164万円貯めた都内賃貸ひとり暮らしOLの家計簿・資産・給与明細公開ブログ

先月は同僚との恒例月イチランチをしませんでした。

おそらく今後も外ランチの回数は減ると思います。

その理由は…


外食のランチの量が多過ぎて食べきれないから😥

2C00AA24-9D4A-4C0D-9943-6AFA5C77C783


これは4月末に食べたランチ。なめこ汁が丼サイズ😅

この数年の粗食生活でわたしの胃はすっかり小さくなってしまい、外食の通常の一人前を食べきれなくなり、定食の1/4は残してしまってました。

この4月末のランチに至っては、わたしもアホだったんですが、せっかくの月イチ贅沢ランチだからと限定数スペシャルランチ1,300円を頼んで、胃の限界近くまで頑張ったものの、結局半分残してしまいました、、。

翌朝まで胃が重く、一緒にランチした同僚にも気を遣わせてしまい、、。


同僚たちとコミュニケーションを図りたいのは山々だけど、それはランチ以外の場所で図ろう。という結論に至り、先月は外ランチに参加するのをやめました。


エンゲル係数的にも胃が小さいのは良いことだと思うのだけれど…。


もう少し気楽に、注文の際にご飯や麺の量を少なくしてもらいやすくなったら嬉しいのですが🤔

小心者なので、チェーン店以外のお店ではなかなか言えません😥


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

押していただけると更新の励みになります😊

この1年、お金を貯めるために住信SBIネット銀行の口座内に目的別預金口座を作ってみたり、色々試行錯誤してきました。

そして、最近やっと自分なりの使いやすく分かりやすく貯めやすい銀行口座の使い分けが出来上がって落ち着きました。

6月末の資産表を元に、わたしなりの銀行口座の使い分けの解説をします。

20180702_photo_1

定期預金:現在は金利が低いため、満期解約後は利用していません。

社内預金(給与振込口座):社内預金口座でもあり、給料が振り込まれる口座。金利0.5%なため、限度額(わたしの会社では200万円)までギリギリMAXにしておきたいところ。ここから溢れそうになった分を生活費用の普通預金Cに振り替えています。わたしにとっての『生活防衛資金口座』でもあります。

普通預金C(カード用):生活費口座。カード引落、家賃引落もこの口座。生活にかかる現金は月に2回ほどこの口座から出金しています。以前は目的別口座で管理していた大型出費用のお金もこの口座で管理するようにしました。

普通預金S(振込用):住信SBIネット銀行の口座。この口座とセットになっているハイブリット預金の残高が30万円以上なため、月に3回まで他行振込手数料が無料。舞台のチケット代や旅行会社への振込などで年に5〜6回他行振込をするのに使っています。

普通預金Y(郵便振替用):ゆうちょ銀行の口座。ライブやイベントのチケット代の振込(青い振込用紙を使うアレ)で年に5〜6回ほど使っています。

普通預金M(iDeCo用):iDeCo引落専用。生活費や趣味用の日々流れるお金と混同しないよう、完全にiDeCo専用として使っています。

ハイブリット預金:積立投信の引落専用口座。半年前に金利の低い定期預金が満期になったものをそのままこの口座に振り替えました。現在ここから毎月10万円を投資信託で積み立てています。この口座のお金は人生によっぽど大きな転機がない限り60歳まで使う予定がないため、『資産運用』に使えるお金です。
 
積立投信:SBI証券で毎月10万円、上記ハイブリット口座から自動積立。6つの商品に分けて積立日も金額もバラバラで積み立てています。55歳くらいになったら徐々にリスクの少ない商品にスイッチしていこうと思ってます。この投信のお金を使って定年後に実家を建て直したり、年金支給までの生活費に充てていくつもりです。

iDeCo:12,000円(わたしの会社は企業年金があるためこれが上限額です)を毎月積み立てています。これは60歳まで絶対引き出せません。


社内預金(生活防衛資金口座、上限200万円)と、普通預金C(ひと月分の生活費+大型出費用の積立)から溢れた分は定年後まで使う予定のないお金なので、ハイブリット口座に移して、長い時間をかけて投資信託で運用していくスタンスで落ち着きました。
ハイブリット口座、普通預金M(iDeCo用)、投信積立、iDeCoは60歳まで引き出さないお金です。

☆☆☆

この半年でやっと、宵越しの金を持てるサイクルで生活できるようになりました。

その昔、わたしがまだ20代後半だった頃、会社の組織形態が変わって一時金で100万円ほど支給されました。(多分退職掛金だったと思います)

そのお金でカードローンを返済&解約して、残りは定期預金にしたのに、趣味費や生活費として徐々に取り崩していって、3年後には100万円は跡形も無くなっていたんです。。

そんな有り金を使い切っていた過去の自分に戻らぬよう、やっと作り上げた『宵越しの金を持つサイクル』を崩さないで堅実な生活を続けていこうと思います。 

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

押していただけると更新の励みになります😊 

2018年6月末の資産をまとめました。
(比較対象として過去2ヶ月分も載せています)

20180701_photo_1

20180701_photo_2

夏のボーナス(436,611円)のおかげで先月末から467,163円増えました。
ボーナス分を除くと30,552円の増加です。

リスク資産(積立投信&iDeCo)の評価額が先月比-1,055円なので、一つ前の記事の6月の収支 +468,171円とほぼ合致し、使途不明金はありませんでした。

ボーナスのうち72,000円は半年分のiDeCo引き落とし専用口座に振り替えただけで、ボーナスの残りは全て金利0.5%の社内預金に入れたままです。

社内預金の限度額から溢れそうになったら、その分は投信用ハイブリット口座に振り替えて、あとは毎月淡々と投信を積み立てていく。ただそれだけです。


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

押していただけると更新の励みになります😊



↑このページのトップヘ