今朝同僚に言われてショッキングだった言葉。
 
この同僚には、わたしがお金を貯めている事情を重い部分まで話しています。

明るく天真爛漫で屈託がないけれど、悪気なく無神経なことを言う人だとは以前から思っていたけれど、、、

言うに事欠いて「猫ちゃんが死んで、お金が貯まるようになったでしょう?」は無神経のレベルが高すぎて驚きました。


高齢&病気の介護の末に愛猫を亡くしたショックから、ようやく立ち直ってきたところなのに…。


けれどわたしもアホで、深く考えず打てば返すように返事をしてしまう性質で、つい正直に「まあ、一番お金がかかった時期はひと月10万近くかかってたし…」と答え、暗に猫が死んで貯金が捗ってることを認めてしまい、答えてしまった自分にも凹みました。
 

これからはどんな会話でも、深く考えず反射的に正直に即答する癖をやめて、10秒くらい黙って考えてから「ええ、まあ…」と曖昧に言葉を返すようにしたいです…。


沈黙入門【電子書籍】[ 小池龍之介 ]
沈黙入門【電子書籍】[ 小池龍之介 ]

この本、読み直そう。


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
押していただけると更新の励みになります。 

スポンサーリンク