小柄なわたしの身体のサイズに座面の高さが合わないため座りにくく、結局部屋の隅でずっと物置と化していたイームズチェア。

20180819_photo_3

標準のアメリカ人男性の体型にフィットするイームズチェアのサイズは、身長150cmそこそこのわたしには大き過ぎるのです。。

そこで遂に意を決して、イームズチェアの脚を切ることにしました!

用意したもの。
20180909_photo_1
ノコギリ:1,200円
紙やすり:50円
フェルト:200円

20180909_photo_2
床に対して斜めになっている椅子の脚に水平な線を引くため、切りたい高さ(9cm)のコップと定規を利用して線を引き、

20180909_photo_3
いざ入刀!

20180909_photo_4
1分ほどであっけなく切れました。

残りの脚もサクサクと切断。
20180909_photo_6

切断面にヤスリをかけて、最後に断面の大きさに合わせて切ったフェルトを貼り付けて完成!
20180909_photo_5

脚の長いイームズチェアが、小柄胴長短足のわたしにぴったりフィットのサイズに仕上がりました!
裸足の足の裏がベッタリ床について、背もたれに身体を預けるとまるでソファに座っているような安定感。

座面36cmは低過ぎでは?という感じですが、低反発座布団or腰痛緩和クッション的な物を使う前提でここまで脚を短くしました。

20180909_photo_7

5月に買ったニトリの折り畳みデスクともバランスのいい段差。
机と椅子の座面差30cm、猫背にならず背筋を伸ばしたままノートパソコンを打てるし、書き物がしやすい!

快適過ぎ!
 
…けれどこのサイズ感、なんだか既視感がある…と思ったら、

20180909_photo_8

学校の学習机&椅子のサイズでした。

机64cm・椅子38cm:身長150cm…これだ! (笑)
(表は学習机のメーカーさんのHPからお借りしました)

その2段上、切る前のイームズチェアの座面45cmは身長175cmくらいの人に丁度いいサイズという事。
道理でチビなわたしに合わないはず😅

椅子のサイズが丁度良くなった事で生活しやすくなり、かなりテンションが上がってます😆

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
押していただけると更新の励みになります😊

スポンサーリンク