他の人はどの周期で洗うのかわかりませんが、わたしは風呂上がりに身体を拭いたバスタオル&洗った髪を包んだフェイスタオルは毎日洗わず、3〜4日に一度、衣類を洗濯するときに一緒に洗っています。
このバスタオルで朝の洗顔の際に顔も拭いてます。

今住んでいる1K 20㎡の狭い部屋では、バスタオルもフェイスタオルも、使った後はいつもこのように、

20180925_photo_1
住居のど真ん中にあたるキッチンと居間の間の鴨居のレールや、

20180925_photo_2
ベランダ側のカーテンレールのど真ん中に干しっ放しでした。

つまり、洗濯してベランダに干している時以外は常に部屋の真ん中に干しっ放し。
シャワーもシャンプーも毎日の事なので、常に使いかけのタオルが視界に入る状態でした。

そんな使いかけのものが常に部屋のど真ん中にぶら下がっていて、なんとなくモヤモヤ、最近ではイライラするようになってきて…、

居住空間からは視界に入りにくい、かつ、使うときは一番手に取りやすい場所にタオル掛けを取り付ける事にしました。

玄関とキッチンの間のバスルームのドア(ピンク色)の外側です。

20180925_photo_5

玄関側から撮影。
20180925_photo_3

廊下正面から撮影。
20180925_photo_4
換気のためにバスルームのドアは常に開けています。

今まではヘアバンドもバスタオルも居間に干してて、朝起きて顔を洗うときにバスルームまで運んでいたのが、運ばずにその場で拭くことが出来るようになりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レック/Ba タオル掛け 吸盤 40/B00052
価格:231円(税込、送料別) (2018/9/25時点)

楽天で購入


バスルームのドアはザラザラした素材なためそのままでは吸盤が貼り付かないので、商品付属の『吸盤用補助板(片側が粘着面になっているプラスチック板)』をドアに貼って吸盤させました。

説明書によると、吸盤用補助板を取り外す際はカッターを粘着面の間に入れて少しずつ削り剥がしていき、糊が取りきれない場合は粘着除去剤を使用するように、との事です。

部屋の真ん中に常にぶら下がっていた使いかけのタオルが視界から消えて気持ちがスッキリしました!😆

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

スポンサーリンク