6月に満期になる定期預金の利息計算書が郵送で届いて、開いてみたら、1年間預けた40万円、税引後の利息が400円でした。
低金利時代だし、だからといってリスクを抱えた運用で増やす気はないし、容易に使ってしまわないために定期預金にしてるわけだから。と、この利息は納得済みなのだけど、

定期なんかにするより、社内預金口座に入れっぱなしにすればいいじゃない。

と、前々から同僚に言われてて。

わたしの会社は給料の振込口座=社内預金口座で、金利が高いからその口座に入れっぱなしにしてる人が多い、とは聞いていたけれど、じゃあ金利ってどれくらい?と調べたら、

厚生労働省令で最低0.5%と決まってる、と。

え。

つまり、1年間40万ずっと入れてたら、利息2000円。
100万円入れてたら5000円。

私の会社は社内預金口座の限度額が200万円までと決まってる、とは聞いた事があるけど、
もし限度額MAXまで入れてたら、年間1万円の利息。

・・・。

社内預金口座、普通預金と同じで好きな時に自由に出金出来るので、自制心の無いわたしはそこにそんな大金をキープし続けられる自信が無かったのだけど、
あればあるだけお金を使ってた時と比べて、ここ数年はだいぶ自制心を保ってお金を使えるようになって来た、とは思う。

よし、夏のボーナスからは社内預金口座にプールして、この口座を限度額MAXの200万円にする事を目標にしよう。

いままでの将来に向けての漠然とした貯金から、急に形のある目標ができて、テンション上がりました!

スポンサーリンク