固定費である家賃を下げてお金を貯めるため、35㎡家賃75,300円の築浅物件から20㎡家賃59,324円の築古物件へ引っ越して丸一年経ちました。

20㎡の間取りはこれ。

20180929_photo_1

引っ越し直後、荷物を運び込んだばかりの室内はこんな感じでした。

20180205_pgoto_1

何年も前からミニマリストを目指して持ち物をコンパクトにしていたつもりなのに、意外と荷物が多かった自分に驚きました。
それまで住んでいた部屋より半分近く狭くなり天井も低くなったので、住み始めた最初の頃は圧迫感が半端なかったです。

オートロックではないこと、洗濯機置き場が室外のベランダなこと、収納が小さいことにはすぐに順応できました。

引っ越しから1年経った今、部屋はどのようになったかというと、

20190203_photo_1

家具はこのように配置。

室内の様子は、

20190203_photo_2
居間。

20190203_photo_3
居間から見たキッチン側。

20190203_photo_4
キッチン。

20190203_photo_5
玄関と廊下。


引っ越しに伴う諸費用は家賃差額+諸費用戻入+支給交通費で10ヶ月でプラマイゼロになりました。

20190203_photo_0

引っ越した結果、1年前に比べて家賃差額16,000円+支給交通費ひと月8,740円=ひと月24,740円プラスで生活することができています。

都落ちというネガティブな気持ちもわずかにあった引っ越しですが、お金を貯めるという目的をしっかり果たせています。

引っ越して本当に良かったです!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊





スポンサーリンク