まだまだ続くわたしの中の断捨離ブーム。

今日処分したのは高校の卒業アルバム。

重くてかさばる卒アル、捨てるのは忍びないけど開く事がないまま20年以上…。今回断捨離するにあたり超久し振りにページを開きました。 

今まで卒アルを処分できなかった理由

わたしは定年退職後は東京での暮らしを畳んで東北の故郷に帰るつもりなので、その頃に故郷の知人等に会って同級生の話題になった時、同級生の顔と名前くらい覚えていないといけないかな?と思って卒アルを保管していました。

が、最近になってやっと気付いたのです。 

卒業から40年以上経った60代の時、同郷の友人知人と同級生の話になった時に覚えていないからといって支障はないし、思い出せない程度の薄い関係の同級生のことなんて忘れてもいい、それが当たり前なのだと。

卒アル処分前にしたこと

卒アルは写真・名簿等の個人情報的な面でそのままでは捨てられないので最初にカッターでバラしました。

20190420_photo_1

卒アルの中には仲の良かった友人と一緒に写っている写真もいくつかあったので、それらはスキャナで取り込み、MacBook AirのiCloud「写真」アプリに保存しました。こうした事によってiPhoneで見ることもできます。

保存したのは体育祭や修学旅行等の行事で自分と友人が楽しそうな表情で写ってる写真を数枚のみ。顔写真一覧と学年全員集合写真のページは保存しませんでした(自分の写りがもの凄く悪いせいもありますw)。

まあ、断捨離でよく言われる「見ていて楽しい気分になるもの」のみ保存ってことですね。

20190420_photo_2


Canon A4スキャナ CanoScan LiDE 220
Canon A4スキャナ CanoScan LiDE 220
↑わたしの使っているスキャナです

必要な写真を保存した後は各ページをハサミで1/4サイズにカット。
20190420_photo_3

そして、その紙をビニール袋に入れてその中に水を入れました。
20190420_photo_4
厚い紙だけど、あっという間にフニャフニャになりました。

このまま数日放置して紙同士が完全にくっついたら分厚い表紙と共に燃えるゴミとして処分します。


27年前、高校を卒業して上京して以来、5回の引っ越し先で常にずーっとクローゼットの片隅に保管していた重荷を処分してスッキリしました✨

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

スポンサーリンク