2019年7月末の資産をまとめました。 比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20190803_photo_1

20190803_photo_2

先月末の資産から138,336円増えました!


収支との比較

6月末と比べてリスク資産のiDeCoが+5,493円、積立投信が+36,943円=合計+42,436円。
(今月末残高から先月末残高+今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の7月の収支は+95,900円。それにリスク資産が増えた分+42,436円を足すと+138,336円。
純資産の増減値+138,336円と一致します。

完全に一致したのは、2017年4月に家計簿(損益計算書)と資産表(貸借対照表)の方式で資産管理するようになってから初めてです!


7月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=1,999,999円
生活資金(目安30〜50万円)=293,580円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,035,521円

生活資金から負債(カード引き落とし額=93,277円)を引いた実質生活資金は200,303円です。


キャッシュレス決済をメインにしたデメリットを解消!

6月は現金決済を極力控えてキャッシュレス決済(iD、クレカ)での支払いをメインにした結果、財布の中で目で見える現金が減らない分、感覚が狂ってしまって、細々とした食費でお金を使い過ぎてしまいました。

7月はその反省を生かして、食費がひと月の予算額(2万円)をオーバーし過ぎていないように、スマホアプリのZaimで予算比をマメにチェックするようにしました。

結果、予算は少しオーバーしましたけれど、毎日「今月の予算枠し対して使い過ぎていないか」と意識するようになったので、食費へのお金の使い過ぎを抑制することができました。

貸借対照表と損益計算書が一致したのも、キャッシュレス決済の恩恵だと思います。

今後も気を引き締めてお金を使っていこうと思います!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

スポンサーリンク