2019年12月末の資産をまとめました。 比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200101_photo_1

20200101_photo_2

先月末の資産から526,590円増えました。


収支との比較

11月末と比べてリスク資産のiDeCoが+6,807円、積立投信が+54,773円=合計+61,580円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の12月の収支は+465,010円。
それにリスク資産が増えた分+61,580円を足すと+526,590円。
純資産の増減値+526,590円と一致します。


12月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=1,999,998円
生活資金(目安30〜50万円)=386,175円
余裕資金(老後まで使わないお金)=4,010,539円

生活資金から負債(カード引き落とし額=165,922円)を引いた実質生活資金は220,253円です。


資産運用したおかげで1年間で198万円増えました!

1年前の2018年12月末の資産は4,254,531円でした。



2019年12月末の資産は6,230,790円なので、1年間で1,976,259円=約198万円増えたことになります。

ひとつ前の記事の通り、家計簿(収支)上ではこの1年間で貯金した金額は154万円。

つまり、資産増加額198万円と貯金額154万円の差額の44万円は投資信託とiDeCoで資産運用して増えた分という事です。

iDeCoはもとより、投資信託も14年後の60歳になるまで使う予定のないお金で運用しています。

これからも地道にインデックスファンドを淡々と積み立てて老後の備えを作っていこうと思っています。


3年前の43歳の時からはじめた資産運用、小額からでももっと若いうちにはじめてれば良かった!
と思わないでもないですが…、スロースタートだった分、実直に頑張ります!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊