タイトルの通りです。

社会人になる前から長年の間「来た相手には返さないと」との義務感からダラダラと続けてきた日本の風習『年賀状』をやめてみました。


会社関係、趣味仲間、古くからの友人、親戚。
わたしの場合、出すのも来るのも20枚ほど。

特に年明けの仕事始めから毎日顔を合わせる会社の上司や同僚から年賀状が来た場合は、ちゃんとこちらからも出しておかないと顔を合わせた時になんだか気まずい、というのもあり、出さざるを得ない雰囲気でした。


わたしから出す年賀状は裏面はセブンイレブンでネットプリント(白黒)して一言メッセージを書き加え、宛名は全部手書き。

相手から来るものは自分の近況やこちらを気遣うメッセージを手書きで入れてくれてるものもあれば、
宛名も裏面も総印刷、心が一切こもってないビジネス年賀状みたいなのもあります。

わたしが2年前の年賀状に「引っ越しました」と書いてそれ以降新しい住所で出してても、2年連続昔の住所宛に出してきて転送シールを貼られてくるものもあります。
わたしの年賀状を読んでないか、読んだけど無関心なのか。


やめようと決心したきっかけは先月の半ば。

1年前に来た年賀状を見ながら、

「この人にはもう出すのをやめよう」
「この人には出しておこう」

と振り分けてるうち、どんどん気分が重くなって憂鬱になってる自分に気付きました。

こんなに重い気持ちになってまで、何をやってるのだろう、と。


半分は仕事の延長上の義務的な年賀状。
それ以外のも10年以上会ってない知人とか。
なのに仲が良くて頻繁に合ってるのに年賀状を出し合わない関係の人もいる。
 

なんかもう、面倒臭くて嫌になってしまって、
もう一旦リセットして、まっさらにしよう !と年賀状を用意するのをやめました。


そんなでも、年明け元旦。

いままで通り去年やりとりした人たちからは普通に年賀状が来ました。
まあ、わたしのこんな状況は相手は知らないので当たり前ですが。


20200105_photo_1

会社の人には、会社で会った時に単価63円くらいのお菓子を渡しながら年賀状のお礼と、自分はもう年賀状を出すのをやめた、というのを口頭で伝えようと思ってます。

それ以外の人でまだつながりを持ちたい人には寒中見舞いで、年賀状をやめる事とLINEのQRコードでも印刷して貼って「今後の年始の挨拶はこちらで」とでも書き添えようと思ってます。 

今後は書きたくもない年賀状に振り回されない12月を過ごせるようになりそうです。 

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊 

スポンサーリンク