この土日はDVDを6枚見て、うち5枚をメルカリに出品しました。

20200210_photo_1

一生着いて行くと心に決めていた大事なアーティストのDVDをまさか自らの手で手放す日が来るとは思いませんでした。

このアーティストは数年前に表舞台から引退してしまったので、着いて行きたくても着いて行けなくなったのです。


30代の頃、このアーティストを追いかけて全財産を注ぎ込んで全国津々浦々を回った日々は本当に楽しくて、だけどもうあの日々は今後二度と訪れないという事実が寂しくて、思い出すだけでなんとも言えない気持ちになります。

DVDの中では一生歌い続けていくと誓っているのに、現実はそうではなかった。
DVDを見ている時は楽しいのに、見終わった後の現実が辛い。

そんな、楽しいけど苦しいものとして心の重荷になってるDVDたち。


心の重荷を解放するために、とりあえず自分にとってあまり思い入れの深くないものから見て少しずつ手放しています。 

手放すためのDVD視聴は心が疲弊する作業なのであまり根を詰めず長期戦のつもりで取り組んで、今年中には残り13枚を5枚程度まで減らしたいなと思っています。


土日で6枚見たうち1枚は思わず2回再生してしまい、なおかつ「これは年イチで見返せる…」と確信したため保管することにしました。 


断捨離は難しいです。 


p.s.
メッセージありがとうございました! 

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊 

スポンサーリンク