3年前までNISAや投資信託についてど素人だったわたしがNISAで毎月投資信託の積立をするようになって2年と11ヶ月経ちました。

2017年はひと月3万円ずつ積み立て。
2018年〜2019年は年間NISA枠MAXの120万円を積み立て。
2020年も年間MAXの120万円を積み立てる予定です。

積み立ての資金は夏冬のボーナス全額(トータルで約80万円)と毎月の給料から4万円ほどを投信引落専用口座に移しています。

現在の累計買付金額と評価金額

20200328_photo_1

累計買付金額 2,964,000円
評価金額 2,648,040円
リターン  -315,960円
リターン率 -10.65%

先月末はトータルリターン率が+2.97%あったのですが、現在は新型コロナの影響でトータルリターン-10.65%です。

投資信託の積み立てを始めて以来、最大の暴落中です。

累計買付金額と評価金額の内訳

現在の積立額等の表はこちらです。

20200328_photo_2

国内株式に偏った運用をしていたのを徐々に時間をかけてリバランスし、去年の年末にやっと国内株式と海外株式のファンドが同じ残高になりました。
現在はバランス型に毎月2万円、国内株式と海外株式にそれぞれ毎月4万円を積み立てています。

現在積み立てているのは全て運用管理費の安いインデックスファンド。

先月末は海外株式のトータルリターンはまだプラスだったのですが、ひと月たった現在、欧米諸国も新型コロナウイルスに侵されて国内株式と同様のマイナスになっています。


現時点で所有している投資信託の内訳は円グラフにするとこうなります。

20200328_photo_3

今は大きく値下がりしていても、いつかは新型コロナウイルスが落ち着いて評価金額もゆっくりと元に戻って増えていくのだろうな、と気長に静観しています。


今回の大暴落であらためて考えを固めたのは、
「リスクを伴う資産運用は60歳手前の数年の間で停止し、運用益がプラスなうちにリスクの少ない国債などにスイッチしよう」
という事です。

わたしが60歳になるまであと14年。それまでには運用益がプラスになる日が来るでしょう。多分。
今は投資信託を安く買っているバーゲンセール期間中だと思い、今まで通り淡々と積み立てます。


投資信託についてのわたしの教科書はこの本です。
この本から日本株と海外株の手数料の低いファンドを半々ずつになるように積み立てる事を学びました。


図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

スポンサーリンク