新型コロナで中止になったライブのチケットを払い戻ししてきました。

このチケットは2月にロッピーでなんとか勝ち取った激戦チケットでした。



アーティストのオフィシャルサイトに公演の中止とチケットの払い戻しについて発表があり、念のためチケットの入手先であるローチケのホームページに払戻対象公演と載っているのを確認してからローソンで払い戻し手続きをしてきました。

これが中止公演のチケットと各種手数料券。

20200509_photo_1

各種手数料券の右側には大きく
「公演中止等で各種手数料が払戻し対象となった場合に この券が必要になります」
と書かれてあります。

が、今までライブ参戦本数が数知れない程あるわたしでも公演が中止になったのは初めてで、この券を必要としたのは初めてです。


チケット購入時にローソンのレジで支払った金額はチケット代5,900円+手数料110円=6,010円。

20200509_photo_2

赤丸の10:02は激戦チケットをチケ発時間ジャストに取れた勝利の証。


払い戻しにあたり、ローチケホームページの通りにロッピーで手続き。
どこのローソンでも手続きできるようですが、わたしはこのチケットを取った時と同じ、家から一番近いローソンで払い戻し手続きをしました。



この際ロッピーに読み取らせるバーコードは「公演中止等で(略)必要となります」と書かれた『各種手数料券』の方ではなく、公演のチケット本体のバーコードです。

ロッピーからはこのようなレシートが出てきました。

20200509_photo_3

これをレジに持っていき、店員さんにはこのレシートの他に公演のチケットと各種手数料券の2枚を提出しました。

店員さんが公演のチケットと各種手数料券の両方のバーコードをスキャンし、払い戻し手続き完了。

チケット代と手数料代、全て戻ってきました。

20200509_photo_4

レシートの一番下に「チケット2枚」と印字されているのは、公演のチケット1枚+各種手数料券1枚=2枚という事だと思います。

ちなみに、公演のチケットと各種手数料券の両方ともレジで回収されました。

以上、ロッピーで購入したチケットの払い戻し体験でした。 

※※※※※※※※※※※

FC先行で抽選に漏れて、一般発売でなんとかギリギリ入手できた激戦チケット。
会場に入れるだけで御の字な末席番号でしたが、ライブ行きたかった…。 

公演中止に代わるリベンジ公演についてはアーティストのオフィシャルでは代わりになる何かを用意したいとアナウンスしているものの、現時点ではほぼ白紙状態です。

現時点で4〜5月の公演が6〜7月に延期とされている他アーティストの公演も、延期の延期、もしくは中止になりそうな気がします。

コロナが憎い。 

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

スポンサーリンク