固定費を下げるため今度引っ越す事になった新居は今より家賃が15,000円以上安い、家賃6万円以下の狭くて古い物件。

契約した直後は、
年間で家賃が20万円近く下がる!と意気揚々だったものの、
次第に、今住んでいるお洒落マンションに帰る度に、
このオートロックの鍵を開けてエントランスを通るのも、備え付けの宅配ロッカーでネット通販しまくりの日々も、広い浴槽でゆったり湯船に浸かるのも、残り後わずか…

と、徐々にテンションが下がっている。

引越先は悪い事ばかりではなく、今より駅近、大型スーパーが近い、図書館等が近い、駅に向かう途中に郵便局の本局がある、とメリットもあるけれど、一度似非セレブな生活をしてしまった後では都落ちしてしまった感が否めない。

こんなプライドなんて捨てて、自分はこの程度がちょうどいい。と割り切れればもっと楽に生きられるのに。


宵越しの金を持つために40代半ばでやっと切った舵、スタートを切るのが遅過ぎたなんて後悔するのをやめて、世間の標準なんて気にせずに自分を信じてとにかく進んでいこう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク