先月まで住んでいた物件の敷金の返還額の連絡が来ました。

20180221_photo_1

①敷金2ヶ月分+前払家賃日割分戻入=204,544円

②修繕費38,640円×消費税=41,731円
(内訳:ルームクリーニング代 28,640円+清算事務手数料 5,000円+クロス補修 5,000円)

20180221_photo_2
返還額は162,813円でした。


退去後の明け渡しの時に腹わた煮えくり返る事件がありまして。


荷物を全て搬出した翌日に「退去立会」をしたのですが、部屋に来たのは不動産管理会社が外部委託したとおもわしき男性1名。

壁のクロスやエアコン内の汚れ、換気扇を外して中のホコリ等を確認し、
男「ルームクリーニング代の他に、クロスの汚れと壁のネジ穴の補修費として5,000円、床のクッションフロアに付いたベッドの足の凹みの補修費として5,000円、合計10,000円かかります」

クロスの汚れとネジ穴は自分の過失なのでまだしも、クッションフロアなのにベッドの足の凹みについて補修費を払うのは納得いかず、
私「納得いかないので管理会社の〇〇エステートに今から電話していいですか?」
と言うと、
男「いえ、管理会社は関係ありません。今私はあなたと個人で交渉しているんです」
の一点張り。

私「日常生活で自然に発生するクッションフロアへの家具の凹みは退去時に補修する義務がないってどこかで見た気がするんですが」
男「では、床の凹みについては3,000円でどうですか?」
私「は!?〇〇エステートに電話していいですか!?」
男「ですから!3,000円でどうですかと私はあなたと個人的に交渉してるのであって〇〇エステートは関係ないんです。これは交渉なんです」

この男の薄ら笑いの表情が更に私に不信感を募らせ、「ちょっと、ネットで調べていいですか?」とその場でネット検索して、
『国土交通省の原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』を見つけ出し、ガイドラインを盾にクッションフロアの家具の凹みについては修繕費を払う義務がない事を突きつけると、

男「じゃあ、補修費は壁のクロスの5,000円だけということで、納得したらここにサインしてください」
といけしゃあしゃあと言いやがりました。

…ガイドラインについてこっちに知識がないと思って、本来賃借人に修繕義務のない部分まで請求しようとしたあの男。
本当にムカつく。

自分より30cmも背の高い男と密室で1対1で交渉した事も、実は少し怖かった。内心ビビりながら交渉しました。

とうわけで、退去立会の後、まる1日ほどずっと腹わた煮えくり返っていたのでした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ