先日キッチン天井の蛍光灯が切れたばかりですが、今度は廊下天井の照明器具の電球が切れました。

キッチン同様、この場所の照明器具もマンションに元々備え付けられていたもので、いかにも30年前という感じの古めかしいデザインのもの。

半球型の重いガラスの傘を外した状態はこんな感じ。

20180330_photo_1

外した電球を写メして電気屋に持って行った所、

20180330_photo_2

この写真では口金の型がはっきりわからないと言われて(根元が太いのと細いのと2種類あるとかなんとか言ってましたがチンプンカンプン)、翌日、現物を持ってあらためて出直すことにしました。

そして翌日。この切れた電球を持って出勤し、同僚たちにその話をしながらこの切れた電球を見せた所、

「そういう白熱電球はもう売ってないんじゃないの?」
「LED電球にしたら電気代が安くなるのに」

と矢継ぎ早に言われて、いろいろ聞いていくうちに目から鱗。

今までずっと、LED電球はLED専用に開発された最近の照明器具にしか使えないと思っていました。

なので、30年前に建てられた賃貸物件に付いている30年ものの照明器具にはLED電球は使えないと思い込んでいました。

でも違いました。

そのままの古い照明器具でもLED電球に取り替えられるなんて知らなかった!


仕事帰り、切れた電球を持って電気屋に行き、この白熱電球と同じ型のLED電球にしたい事を伝えて、この商品を購入。


20180330_photo_3

同じ売り場にあった白熱電球の5倍の値段。

電気屋で店員2名に大丈夫だと太鼓判を押されたものの、ガラス部分の見た目も違うし少し不安。

20180330_photo_4


実装。

20180330_photo_5

点きました!明るい!!

照明器具の傘を取り付けた図はこんな感じ。

20180330_photo_6

隣のお風呂場の電球も今すぐ昼光色のLEDにしたい。笑

取り付けたLED電球は長寿命40,000時間の製品。
先日キッチン天井の蛍光灯を取り替えた時は、「この蛍光灯が切れるまでこのマンションに住んでるのだろうか…」としんみりしたけれど、このLED電球はマンション老朽化でこの建物が取り壊しになるまで取り替える必要がなさそうです。

☆☆☆

このLED電球(¥1,540)を購入したヨ◯バシカメラは、前日に額面の93%で現金に換金したJVAギフトカードが使えるという事が地味なダメージでした。。。笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
訪問ありがとうございます!
押していただけると更新の励みになります😊







スポンサーリンク