カテゴリ: iDeCo

今年もこれが届きました!

20181025_photo_1

『小規模企業共済等掛金控除証明書』 、長いので『iDeCo掛金の証明書』!

iDeCoは去年の春から始めたので去年は7ヶ月分でしたが、今年は12ヶ月MAX、

20181025_photo_2

144,000円払い込みました。 

自分のブログの過去記事を見ると、去年は10月26日から『給与所得者の保険料控除申告書』を書いてたようなので、今年も明日あたり申告書の記入をする事になりそうです。

20181025_photo_3

これの記入、毎年毎年計算だの転記だの面倒臭すぎてうんざりしてました。

が、ある年から、記入したものを提出前にコピーしておいて、翌年記入する時に前年のを丸写しするようにしたら格段に楽になりました。

何年もずーっと、加入してる医療保険の変更なし+控除の対象になる配偶者なしだからこそ出来るワザですが。

iDeCo7ヶ月の去年は年末調整で16,115円戻ってきました。
iDeCo12ヶ月MAXの今年はもっと戻ってくることでしょう。楽しみです😇

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊 

去年の5月に手続きをして始めたiDeCoで毎月12,000円積み立てています。

現在の資産状況はこんな感じです。

 20181021_photo_1


先月の今頃は、
損益 -5,489円 損益率-3.0% だったのが、
損益 -9,184円 損益率-4.8% になりました。

インデックス投資は長い期間で運用する事によって利益が出るいう事を理解した上でiDeCoを始めたので、今は損益がマイナスでも全く気になりません。

iDeCo資産内訳


現在の資産の内訳はこんな感じです。

20181021_photo_2

先月末くらいに、今まで積み立てていた運用管理費用の高い内外株式ファンドを運用管理費用の安い国内株式のファンドにスイッチングしました。

現在保有している国内株式のファンド・海外株式のファンドとも運用管理費用が安いので、あとはこのまま両方半々くらいの割合をキープできるよう積み立て額の割合を微調整していく方針で長期スパンで眺めていこうと思います。

現在の参考書 


iDeCoを始めた当初は「よくわからないし、素人だから、とりあえずバランス型で」と積立を開始しましたが、この本を読んで手持ちファンドのスイッチングをしました。




NISAで運用している投資信託の積み立ても、この本を読んだ後に保有しているファンドの目論見書を読み直して運用管理費用を確認し、以降の積み立てファンドを変更しました。

iDeCoもNISAの積み立ても基本は放置姿勢だけれど、年に一度は運用内容についてしっかり考え直したい。
いい本に出会えてよかったです!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

去年の5月に手続きをして始めたiDeCoで毎月12,000円積み立てています。

現在の資産状況はこんな感じ。

 20180919_photo_1

先月の今頃は、
損益 -8,361円 損益率-5.0% だったのが、
損益 -5,489円 損益率-3.0% になりました。

iDeCo資産内訳


現在の資産の内訳はこんな感じです。

20180919_photo_2

今まで積み立てていた内外資産複合のバランスファンドと運用管理費用の高めだった国内株式ファンドを全て、運用管理費用の安い海外株式のファンドにスイッチングしました。

一番上の国内株式のファンドは運用管理費用が安いので今回から積み立てを開始した分です。

一番下の内外株式ファンドは運用管理費用が高いので現在積み立てを停止してて、保有分を静観しています。

現在の参考書 


iDeCoを始めた当初は「よくわからないし、素人だから、とりあえずバランス型で」と積立を開始しましたが、この本を読んで手持ちファンドのスイッチングと今後の積み立てファンドを考え直しました。




NISAで運用している投資信託の積み立ても、この本を読んだ後に保有しているファンドの目論見書を読み直して、以降の積み立てファンドを変更しました。

iDeCoもNISAの積み立ても基本は放置姿勢だけれど、年に一度は運用内容についてしっかり考え直したい。
いい本に出会えてよかったです!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

iDeCoをはじめてから1年と2ヶ月経って、色々考えた末、来月からの掛金の配分をこのように変更する事にしました。

20180819_photo_1
国内株式のインデックスファンドと外国株式のインデックスファンドを半分ずつ。

国内株式の「三井住友DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」は運用管理費用が「年0.1728%(税抜0.16%)」、
海外株式の「DCニッセイ外国株式インデックス」は運用管理費用が「年0.18257%(税抜0.169%)」です。

iDeCoをはじめて最初の6ヶ月間積み立てていたバランス型のファンド3本は運用管理費用が0.20%〜0.24%、その後半年間積み立てていたアクティブファンド1本は運用管理費用が0.76%なので、上記2本のインデックスファンドの運用管理費用はかなり割安だと一目でわかります。

今まで積み立てて現時点で保有している運用管理費用の高いアクティブファンドも折を見て(具体的にはマイナスが無くなったあたりで)運用管理費用の安いインデックスファンドにスイッチングします。


ネットや本の影響を受けやすいわたしなので、今後も資産運用していく上でいろんな情報に流されて、その都度方針を変えて右往左往していくと思いますが…、それが自分自身の金融リテラシーを上げていく糧になると思います。

「素人だからとりあえずバランス型」で積み立てているNISA枠の投信の積み立て内容も考え直さなきゃな。(多分資産の9割が日本株のファンドに依存してるはず)
 
☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
押していただけると更新の励みになります😊 

去年の5月に手続きをして始めたiDeCoで毎月12,000円積み立てています。

現在の資産状況はこんな感じ。

 20180818_photo_3


先月の今頃は、
損益 -1,160円 損益率-0.7% だったのが、
損益 -8,361円 損益率-5.0% まで下がってしまいました!

半年前から掛け金12,000円をフルにつぎ込み始めた某アクティブファンドが原因です。。。

iDeCo資産内訳

現在のわたしのiDeCoの資産の内訳はこのようになっていますが、

20180818_photo_2

今回、目論見書をしっかり見直して、「内外株式」と「内外資産複合」のファンドの内訳を元に内外株式の配分を計算してみたら、

20180818_photo_1

実質、このような内訳でした。

運用管理費用を見直した

同じく現在保有のファンドについて目論見書から運用管理費用を書き出して、今持っている資産の内訳から運用管理費用を計算したら、
55,000円=運用管理費用0.22%(税抜)
104,000円=運用管理費用0.76%(税抜)
でした。

運用管理費用について、わたしの保有しているファンドの「iFree 8資産バランス」目論見書の中にわかりやすい解説がありました。

20180818_photo_4

半年前から積み立て始めた某アクティブファンド104,000円、運用管理費用が0.76%(税抜)なので持ってるだけで年間790円(税抜)の運用管理費用を払う事になるんです…。


14ヶ月前、「とりあえずiDeCoを始めよう!」と見切り発車した時は知識が少なくて、とりあえずインデックス型で運用管理費用が安いものを…と半年間積み立てて、
半年前に投資に慣れて欲が出て来て運用管理費用の高いアクティブ型に積み立てはじめて、
そして現在。

今一度iDeCoの資産を見直して、国内外のバランス&運用管理費用をしっかり考え、はじめてのスイッチングも視野に入れようと考えています。


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
押していただけると更新の励みになります😊 

↑このページのトップヘ