カテゴリ: 引越

わたしは20数年間の一人暮らしで5回引っ越しをしました。

アパートの1階、マンションの最上階、単身者向け1R 1K物件の、色んな階に住んでみて、それぞれ良かった点、悪かった点を、一人暮らしの女性ならではの立場から、今回は「階」に焦点を絞ってあげてみます。

賃貸マンションなら 住んでみてからやっぱり嫌だと思ったら引っ越せばいいけれど、分譲マンションを購入する場合は簡単にはやり直しはできません。
なので、賃貸で引っ越しする方だけではなく、これから分譲マンションを買う予定の方の参考にもなったらいいなと思います。


①アパート1階

洗濯物を外に干せない、というのが一番のネックでした。
下着はもちろん、単身者向け賃貸物件であきらかに女性物だとわかる服は外には干せません。
ピンク色のタオルやハンカチも外干し出来ず、結局全ての洗濯物を年中部屋干ししていて、室内の湿度が常に高く、本棚の裏にカビが生えました。

いつ窓の外から他人に室内を見られるかもしれないので、カーテンはほとんど開けられませんでした。
当然窓を開けて寝られないため夏場は夜間もエアコンが常に付いてる状態でした。


②マンション最上階

日当たり最高。見晴らし最高。
ベランダに洗濯物を干し放題。外から室内を見られる心配もないため一日中カーテンを開け放していて、開放的な気分を味わえました。
ただし日当たりが良過ぎなのと、屋上(天井)からの熱もあり、夏場は室内は常に高温。
エアコンの冷房が苦手なため冷房機能をMAXにもできず(わたしのように強すぎる冷房が苦手な女性は多いと思います)、飼っているペット共々 熱中症になりました。


③2階、ただし部屋の下が屋外駐輪スペース

階下が風通しの良い空洞のスペースだったため、真夏でも涼しく、エアコンの冷房機能をほとんど使わずに過ごせました。
ですが、10月〜3月の半年間は部屋が寒すぎて毎日凍えていました。水道管が凍って半日間 水が使えず トイレの水も流せなかったのも、この物件に住んでいた時。

暑がりな人はいいかもしれないけれど、わたしのように冷え性の女性は、部屋選びの前に 階下が空洞の物件は寒い という事を覚えておいた方がいいかと思います。

☆☆☆

以上の①〜③の物件に住んだ時の失敗を生かし、これに該当する物件は部屋探しの際に除外しています。

①の1階の部屋をあえて選ぶ女性はあまりいないと思いますが、②の最上階の部屋と、③の階下が空洞の部屋は意外と盲点かと思います。

以上、わたしが実際体験して感じた「階」に絞った住み心地の話でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
訪問ありがとうございます!
押していただけると更新の励みになります😊

生活にかかる固定支出=家賃を下げるため、家賃75,300円 35㎡の築浅マンションから 家賃59,324円 20㎡の築古マンションに引っ越しして、そろそろ2ヶ月になります。

一時的な引っ越し代は痛かったけれど、1年未満でその元は取れる計算。

実際 表にしてみて、家賃等の差額で引っ越し代がゼロになる日は 10ヶ月目とわかりました。

20180324_photo_a

今住んでいる築古マンションは駅から少し遠いため、バス定期代が3ヶ月に一度会社から支給されます。
ですが、バスに乗らずに歩いているので(万歩計で測ってみたら、通勤だけで毎日12,000歩 歩いていました)、バス代は家賃差額分と一緒に住み替えに伴う戻入として計算しています。

前のマンションに住んでいた時より年間192,000円家賃が下がって、
なおかつバス代として年間104,880円貰えて、二つ合わせて1年で296,880円。約30万円。

給料が手取り22万円台のわたしには大き過ぎる金額です。

『支出を下げるにはまず固定費から見直す』

どの貯金術の本にも書かれている当たり前な事だけに、本当に大事だなと感じました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
訪問ありがとうございます!
押していただけると更新の励みになります😊



今回の引っ越しの支出と戻入を表にまとめました。

45

家具新調代は以前の物件では必要なかったけれど、今の物件では必要になった家具類。
内訳は、
7,590 窓が増えた分の腰高窓用カーテン
2,306 隣家が近いために買い換えた大窓用レースカーテン
1,296 旧居ではウォークインクローゼットだったため必要なかった洋服掛け棒
1,735 シンク上の作業台
1,658 IHヒーター対応フライパン
1,940 ベランダ用洗濯機カバー
1,706 ベランダ用物干し竿
----------
計 18,231

戻入3項目については過去の記事通り。
住み替えに伴う臨時収入
住み替えに伴う臨時収入(2)
住み替えに伴う臨時収入(3)

支出426,894ー戻入174,603=純支出252,291円。

旧居の家賃に比べて新居の家賃は16,000円安く、かつ、旧居の際に月4,000円自腹で払っていた交通費が新居では不要になるため、家賃・自腹交通費を合わせて月々の固定費が20,000円下がる。

その上、新居は交通費を余分に支給される(会社からバス代をもらえるけど乗らずに歩く)。
家賃が下がった分、2年に一度のマンションの更新費も下がる。

引越しにかかった純支出252,291円は1年未満でチャラになり、その後は下がった固定費分20,000円を貯金に回せる。

都落ちと嘆いて始まった引越だけれど、俄然、やる気が出て来た。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



先月まで住んでいた物件の敷金の返還額の連絡が来ました。

20180221_photo_1

①敷金2ヶ月分+前払家賃日割分戻入=204,544円

②修繕費38,640円×消費税=41,731円
(内訳:ルームクリーニング代 28,640円+清算事務手数料 5,000円+クロス補修 5,000円)

20180221_photo_2
返還額は162,813円でした。


退去後の明け渡しの時に腹わた煮えくり返る事件がありまして。


荷物を全て搬出した翌日に「退去立会」をしたのですが、部屋に来たのは不動産管理会社が外部委託したとおもわしき男性1名。

壁のクロスやエアコン内の汚れ、換気扇を外して中のホコリ等を確認し、
男「ルームクリーニング代の他に、クロスの汚れと壁のネジ穴の補修費として5,000円、床のクッションフロアに付いたベッドの足の凹みの補修費として5,000円、合計10,000円かかります」

クロスの汚れとネジ穴は自分の過失なのでまだしも、クッションフロアなのにベッドの足の凹みについて補修費を払うのは納得いかず、
私「納得いかないので管理会社の〇〇エステートに今から電話していいですか?」
と言うと、
男「いえ、管理会社は関係ありません。今私はあなたと個人で交渉しているんです」
の一点張り。

私「日常生活で自然に発生するクッションフロアへの家具の凹みは退去時に補修する義務がないってどこかで見た気がするんですが」
男「では、床の凹みについては3,000円でどうですか?」
私「は!?〇〇エステートに電話していいですか!?」
男「ですから!3,000円でどうですかと私はあなたと個人的に交渉してるのであって〇〇エステートは関係ないんです。これは交渉なんです」

この男の薄ら笑いの表情が更に私に不信感を募らせ、「ちょっと、ネットで調べていいですか?」とその場でネット検索して、
『国土交通省の原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』を見つけ出し、ガイドラインを盾にクッションフロアの家具の凹みについては修繕費を払う義務がない事を突きつけると、

男「じゃあ、補修費は壁のクロスの5,000円だけということで、納得したらここにサインしてください」
といけしゃあしゃあと言いやがりました。

…ガイドラインについてこっちに知識がないと思って、本来賃借人に修繕義務のない部分まで請求しようとしたあの男。
本当にムカつく。

自分より30cmも背の高い男と密室で1対1で交渉した事も、実は少し怖かった。内心ビビりながら交渉しました。

とうわけで、退去立会の後、まる1日ほどずっと腹わた煮えくり返っていたのでした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ






前に住んでいたマンションの火災保険の解約返戻金が入金されました。
2年間で19,000円の保険料のうち、日割り計算で戻った返戻金は7,790円。

20180219_photo

あらかじめ退去の2週間前に解約手続きをしていたとはいえ、退去日の2日後に振り込まれてました。仕事が早い。


住み替えに伴う戻入は、あとは敷金のみ。

退去時に立会い業者とちょっとしたトラブルがあって、冷静に対処しつつもはらわた煮えくりかえる事件もあったのですが、それについては敷金の戻入が済んでから記事にします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(一人暮らし)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

↑このページのトップヘ