カテゴリ: 住まい

引っ越してからずっと、棚の上のこの段ボール箱に使いかけの食材、菓子コーヒー類、畳んだコンビニ袋、洗った布巾のストックなど、ほぼ毎日ちょこちょこ手にするものを入れてました。

20180926_photo_1
 
段ボール箱を乗せている棚は楽天で購入したこちら。



これにダイソーで買った布で目隠しカーテンをしています。

帰宅して、玄関から部屋の中を見て一番最初に視界に入るのがこの棚&段ボール箱なので、貧乏くさくてちょっとテンションが下がるなぁ…と思いつつ、サイズがちょうどいいのでなんとなくずっと使っていました。

が、この度やっと段ボール箱から卒業しました!

20180926_photo_2

ダイソーの収納ボックス&別売りの蓋。合わせて216円。
蓋は半透明の養生テープで奥の方だけ止めました。

蓋を閉じておくとゴチャゴチャ感がなく視界スッキリ!

20180926_photo_3

言うまでもなく、写真立てもダイソー商品ですw

わたしの生活雑貨はほぼダイソーと楽天に支えられて出来上がっています😆

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

他の人はどの周期で洗うのかわかりませんが、わたしは風呂上がりに身体を拭いたバスタオル&洗った髪を包んだフェイスタオルは毎日洗わず、3〜4日に一度、衣類を洗濯するときに一緒に洗っています。
このバスタオルで朝の洗顔の際に顔も拭いてます。

今住んでいる1K 20㎡の狭い部屋では、バスタオルもフェイスタオルも、使った後はいつもこのように、

20180925_photo_1
住居のど真ん中にあたるキッチンと居間の間の鴨居のレールや、

20180925_photo_2
ベランダ側のカーテンレールのど真ん中に干しっ放しでした。

つまり、洗濯してベランダに干している時以外は常に部屋の真ん中に干しっ放し。
シャワーもシャンプーも毎日の事なので、常に使いかけのタオルが視界に入る状態でした。

そんな使いかけのものが常に部屋のど真ん中にぶら下がっていて、なんとなくモヤモヤ、最近ではイライラするようになってきて…、

居住空間からは視界に入りにくい、かつ、使うときは一番手に取りやすい場所にタオル掛けを取り付ける事にしました。

玄関とキッチンの間のバスルームのドア(ピンク色)の外側です。

20180925_photo_5

玄関側から撮影。
20180925_photo_3

廊下正面から撮影。
20180925_photo_4
換気のためにバスルームのドアは常に開けています。

今まではヘアバンドもバスタオルも居間に干してて、朝起きて顔を洗うときにバスルームまで運んでいたのが、運ばずにその場で拭くことが出来るようになりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レック/Ba タオル掛け 吸盤 40/B00052
価格:231円(税込、送料別) (2018/9/25時点)

楽天で購入


バスルームのドアはザラザラした素材なためそのままでは吸盤が貼り付かないので、商品付属の『吸盤用補助板(片側が粘着面になっているプラスチック板)』をドアに貼って吸盤させました。

説明書によると、吸盤用補助板を取り外す際はカッターを粘着面の間に入れて少しずつ削り剥がしていき、糊が取りきれない場合は粘着除去剤を使用するように、との事です。

部屋の真ん中に常にぶら下がっていた使いかけのタオルが視界から消えて気持ちがスッキリしました!😆

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

先週、脚を9cm切って快適な座り心地になったイームズチェア。

過去記事リンク→ 2018年09月09日 イームズチェアの脚を切って快適!

快適すぎて毎日ヘビーに座っていたら、脚の切断面に貼り付けたフェルトがあっという間に磨耗してしまい、フローリングが少し傷付いてしまいました😰

原因はフェルトの質が悪いというより、DIY素人のわたしの椅子の脚の切り方が床面としっかり平行じゃなかったから。

このペースでフェルトが磨耗するたびに貼り足すのではキリがないので、再びホームセンターに行ってこれを買って取り付けました!

20180916_photo_1

フェルトの時より脚がスイスイと滑って椅子を動かしやすくなり、さらにイームズチェアの快適度がUPしました!


20180916_photo_2

↑通常の市販品マイナス9cmなので客観的に見るとかなり短足なイームズチェア。

↓この状態が通常😆


スライドクッションはこれです😊

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
押していただけると更新の励みになります😊

今住んでるマンションは一人暮らしして引っ越し5回目の5つ目の物件です。

今まで住んだすべての物件のどの洗面台にも必ず付いているけど、一度も使った事がない邪魔なアレを、ついに取り外しました!

Before
20180911_photo_1

After
20180911_photo_2

取り外したのはこれ。
20180911_photo_3
洗面台のゴム栓です!
 
洗面台に直に水を貯めて何かする事がないので、ずっとこのゴム栓を邪魔だと思ってました。 

しかも使ってないのにこんな風に汚れるし😥

昨日ふと見たら、このゴム栓の繋ぎ目がキーホルダー等と同じただの二重リングだと気付いたので、ひょいと外してしまいました。
 
洗面台の上が掃除しやすくなってスッキリ!!

これからは『ゴム栓を持ち上げる、拭く』というツーステップが、『拭く』のワンステップで終わる。素晴らしい!

外したゴム栓&チェーンは、シャワーヘッドと同じ場所に保管しておきます😊
(ガス&水道代節約のため、備え付けのシャワーヘッドを外して節水シャワーヘッドを使用しています→過去記事リンク:2018年08月29日 8月のガス料金1,023円/旧居との比較

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三栄水栓 洗面所用クサリ付ゴム栓 PH28(1コ入)
価格:560円(税込、送料別) (2018/9/11時点)


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
押していただけると更新の励みになります😊

小柄なわたしの身体のサイズに座面の高さが合わないため座りにくく、結局部屋の隅でずっと物置と化していたイームズチェア。

20180819_photo_3

標準のアメリカ人男性の体型にフィットするイームズチェアのサイズは、身長150cmそこそこのわたしには大き過ぎるのです。。

そこで遂に意を決して、イームズチェアの脚を切ることにしました!

用意したもの。
20180909_photo_1
ノコギリ:1,200円
紙やすり:50円
フェルト:200円

20180909_photo_2
床に対して斜めになっている椅子の脚に水平な線を引くため、切りたい高さ(9cm)のコップと定規を利用して線を引き、

20180909_photo_3
いざ入刀!

20180909_photo_4
1分ほどであっけなく切れました。

残りの脚もサクサクと切断。
20180909_photo_6

切断面にヤスリをかけて、最後に断面の大きさに合わせて切ったフェルトを貼り付けて完成!
20180909_photo_5

脚の長いイームズチェアが、小柄胴長短足のわたしにぴったりフィットのサイズに仕上がりました!
裸足の足の裏がベッタリ床について、背もたれに身体を預けるとまるでソファに座っているような安定感。

座面36cmは低過ぎでは?という感じですが、低反発座布団or腰痛緩和クッション的な物を使う前提でここまで脚を短くしました。

20180909_photo_7

5月に買ったニトリの折り畳みデスクともバランスのいい段差。
机と椅子の座面差30cm、猫背にならず背筋を伸ばしたままノートパソコンを打てるし、書き物がしやすい!

快適過ぎ!
 
…けれどこのサイズ感、なんだか既視感がある…と思ったら、

20180909_photo_8

学校の学習机&椅子のサイズでした。

机64cm・椅子38cm:身長150cm…これだ! (笑)
(表は学習机のメーカーさんのHPからお借りしました)

その2段上、切る前のイームズチェアの座面45cmは身長175cmくらいの人に丁度いいサイズという事。
道理でチビなわたしに合わないはず😅

椅子のサイズが丁度良くなった事で生活しやすくなり、かなりテンションが上がってます😆

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
押していただけると更新の励みになります😊

↑このページのトップヘ