カテゴリ: 自己紹介

去年5月から今年4月までの趣味費を表にまとめました。
スクリーンショット 2018-05-12 14.06.44

月によってバラツキがありますが、平均してひと月31,077円、1年間の合計は372,924円でした。


趣味費=オタク費


中学生の頃から30年以上、色んなものにオタクを発揮してきました。
漫画、アニメ、小説、ゲーム、アイドル、俳優、アーティスト…。

好きになると寝食を忘れてとことんのめり込む性格で、雑誌、写真集、CDを買い込み味わい尽くし、ファンクラブに入り、コンサートに行き、テレビは必ず録画&保存。

対象にのめり込むスパンは短くて2年、長くて10年周期で、対象に飽きてきた頃に次の何かにハマるという事を繰り返しているうち30年経っていました。

一番ファン歴が長いアーティストに関しては一番のめり込んでいた時期を過ぎた今でもゆるく好きで、年に5本はライブに行っています。

現在の趣味


現在好きな対象は2.5次元と3次元。ファンクラブに入るほど好きな対象はひとり。その他に何組かのアーティストをゆるく掛け持ちしています。

現在の趣味費の内訳はチケット代(舞台、ライブ、イベント)とそれに伴う遠征費(交通費、ホテル代)とグッズ代(現在買い控えています)、音源(CD、DVD、iTunes音源)、書籍、映画、データ配信の視聴費、ファンクラブの年会費。

遠征について


遠征は多い頃で年間5〜6回、減らすように意識したこの1年間でも2回していました。

遠征の何がいいのかというと、ひとりで新幹線や飛行機に乗って時間をかけて遠い地に見に行く大好きな人のステージは、いつも東京近郊で見ているステージよりも更に現実からかけ離れた夢の世界のように感じられるから。

終演後、ひとりでホテルに帰って余韻に浸りながらお風呂に入って、いつもと違うベッドで眠る。

いつもと違うベッドで目覚めて、朝食を食べて、また遠い距離を時間をかけてゆっくり余韻に浸りながら東京に戻る。

その全部がセットで遠征の醍醐味です。


…書いてみたら、完全にやめてしまおうと思いかけていた遠征はやはりゼロにできないと解ってしまいました。笑

節約中の身だけれど、心を潤すために年に1回の遠征は認めてあげたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
訪問ありがとうございます!
押していただけると更新の励みになります😊

2016年4月1日にブログを始めてから、いつの間にか満2年を過ぎていました。

ブログを始めた時には明かしていなかったスペック等をあらためて書いてみます。

年齢:現在40歳台半ば。青春のアイドルは光GENJI世代。
現住所:東京都の端。
出身地:東北の僻地。そのど田舎で高校卒業まで過ごす。
経歴:高校卒業と共に社員数300人ほどの東京の企業へ就職で上京。転職歴なく現在に至る。
一人暮らし歴:24年目。二十歳の時に社員寮を出て一人暮らし開始。以後現在までに5回引越。
恋愛歴・婚歴:皆無。男性恐怖症に近い。むしろ対人恐怖症。
浪費歴:芸能人に入れ込んだり、2次元にハマったり、海外旅行に勤しんだり。
2011年の震災まではモノを増やす事で満たされるコレクター系オタクでした。
震災以降、モノを断捨離し、リアルに体験する事(旅行・観劇系)に浪費がシフト。

現時点での今後の方向:今後も恋愛・結婚の意思は全くありません。
芸能人や2次元等のメディアにお金をつぎ込む事は考え直して、老後の安泰な生活のために貯蓄・投資を頑張る所存です。
ただ、観劇はわたしにとって心が洗われる大切な趣味なので、過去ほど浪費しない程度に楽しみ続けたいと考えています。遠征は控えめに!笑

恋愛・結婚の意思がないのは10代の頃から30年以上変わらない事で、わたしと同じ四十路女性はあまりいないのではないかと思います。
昔から男性が苦手なので、わたしは女性が好きなのかな?と一時期思ったのですが、そういうわけでもなくて、単に人と深く関わることが苦手だという事が最近わかるようになってきました。

こんなマイノリティな自意識を公開するのは気が引けるのですが…、もし、同じような方がいましたら、仲間意識を感じて共感していただけたら、それだけで嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
訪問ありがとうございます!
押していただけると更新の励みになります😊

いままで色んな方の節約ブログを読むのが好きでしたが、新年度を機にわたしもブログを立ち上げてみました。

四十路前半、一人暮らし歴22年。
一応会社員ですが、給料の全てを趣味に注ぎ込み貯蓄ゼロ。

アラフォーで貯蓄ゼロってヤバい?

と気付いたのが数年前。
そこからコツコツと貯蓄を始めました。

薄給をやりくりして、老後に向けての貯金、過去程散在しない程度に心を潤すための趣味への投資。
そのための節約生活を綴っていこうと思ってます。

↑このページのトップヘ