カテゴリ: 資産公開

46歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年4月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200503_photo_1

20200503_photo_2

先月末の資産から252,697円増えました。


収支との比較

3月末と比べてリスク資産のiDeCoが+16,747円、積立投信が+140,429円=合計+157,176円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の4月の収支は+95,521円。
その数字にリスク資産が増えた分+157,176円を足すと+252,697円。
純資産の増減値と一致します。


4月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=431,540円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,667,664円

生活資金から負債(カード引き落とし額=42,545円)を引いた実質生活資金は388,995円です。


リスク資産が少し回復しました

国内外の新型コロナの影響で2月〜3月はリスク資産の投信&iDeCoが大きく値下がりし資産の減少が続いていましたが、4月末は少し盛り返したお陰で2ヶ月ぶりに資産が増えました。

増えたとは言っても、2ヶ月で計48万円減ったのが25万円戻っただけで、トータルではまだ減ったままですが。

リスク資産の投信&iDeCoのお金は60歳になる14年後まで手を付けない予定の余裕資金で運用しているので、14年後までには利益が出るだろうと気長にのんびり構えています。

10年後、56歳くらいの時点でそこそこの利益が出ていたら、リスク資産は国債などのリスクの低い商品に買い替えていこうと思っています。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

46歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年3月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200403_photo_1

20200403_photo_2

先月末の資産から293,077円減りました。


収支との比較

2月末と比べてリスク資産のiDeCoがー38,768、積立投信がー316,652円=合計ー355,420円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の2月の収支は+62,343円。
そこからリスク資産が減った分ー355,420円を引くとー293,077円。
純資産の増減値と一致します。


3月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=1,998,917円
生活資金(目安30〜50万円)=474,512円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,468,485円

生活資金から負債(カード引き落とし額=137,952円)を引いた実質生活資金は336,560円です。


コロナの影響でリスク資産暴落中!

3月は家計簿(収支)的には62,343円の黒字だったのですがコロナウイルスの影響で全世界の経済状況が悪化し、先月に引き続きリスク資産が大幅に目減りし、先月に比べて金融資産が293,077円減りました。

…が、わたしはリスク資産は老後(15年後)まで全く手を付ける予定のない余裕資金で運用していて、余裕資金は『お金』ではない『自分の手を離れた遠くのモノ』という感覚。

かつ、保守的なインデックスファンドで地味な運用をしている事もあり、

「なんだか今はかなり減ってるけど、15年後までにはそのうち盛り返すんじゃないかなー」

と気楽に考えていて、危機感を感じていません。


「未曾有の経済危機!!」と恐怖に駆られて手持ちの投信を今すぐ売却したところで315,960円の損失。




iDeCoは60歳になる14年後まで売却できないし、今さら無リスクの定期預金などの商品にしたところで88,663円の損失。




どうせ損するんだったらジタバタせずにドーンと構えて世界経済の波を受け止めてやるわー。
というスタンスは危機感がなさすぎるのでしょうか。

自分で積み立てているお金のはずなのに手を離れた途端に『お金じゃない何かのモノ』になってるという感覚は、もしかしたら危険な感覚なのかもしれませんね😓

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

46歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年2月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200303_photo_1

20200303_photo_2

先月末の資産から184,229円減りました。


収支との比較

1月末と比べてリスク資産のiDeCoがー36,960、積立投信がー246,183円=合計ー283,143円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の2月の収支は+98,914円。
そこからリスク資産が減った分ー283,143円を引くとー184,229円。
純資産の増減値と一致します。


2月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=475,457円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,781,900円

生活資金から負債(カード引き落とし額=160,318円)を引いた実質生活資金は315,139円です。


コロナの影響で投資信託が暴落!一気に資産が減りました

家計簿的には+98,914円という大幅な黒字で終わった2月ですが、コロナウイルスの影響で株価が暴落。
国内外の株メインで組んでいるわたしの手持ちの投資信託も暴落し、資産的にはひと月前に比べて283,143円値下がりしました。

が、日常に使う生活資金・何か重大な事が起こった際に使う生活防御資金とは完全に分けた『余裕資金(老後まで使う予定のないお金)』で運用しているので、現在一時的に値下がりしていても10年以内には回復するだろう、という気長なスタンスでいます。

日常生活面でも、資産運用面でも、世間のコロナウイルスパニックに振り回されずに淡々と過ごしたいと思います。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

46歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年1月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200204_photo_1

20200204_photo_2

先月末の資産から50,478円増えました。


収支との比較

12月末と比べてリスク資産のiDeCoがー3,392、積立投信がー26,113円=合計ー29,505円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の1月の収支は+79,983円。
そこからリスク資産が減った分ー29,505円を引くと+50,478円。
純資産の増減値+50,478円と一致します。


1月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=434,542円
余裕資金(老後まで使わないお金)=4,023,039円

生活資金から負債(カード引き落とし額=176,313円)を引いた実質生活資金は258,229円です。


余裕資金(老後まで使わないお金)が400万円を超えました

先月のボーナスが加わった事で『余裕資金(老後まで使わないお金)』が400万円を超えました。
何か重大な事があった時に備えてのお金は別途『生活防御資金』として200万円除けてあるので、
合計して600万円の余裕ができました。

約4年前、このブログを書き始めた時は全財産が120万円くらいでした。

42歳でこれしか貯金がない…という焦りで食事はいつも貧相、カツカツの節約生活で心も荒んでいました。




お金の余裕は心の余裕。

4年前よりも今の自分の方が他人にも自分にも優しい気がします。


ケチケチせず、見栄を張らず、豪遊をせず、身の丈に合った生活で実直に貯金を続けていこうと思います。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

3年前、掃除をしていたら過去7年分の通帳が出てきて、その通帳を元に資産の推移を表にして記事を書いたのですが、(過去記事=
現在はどうなっているか、10年間の資産額の推移をグラフにしました。

20200107_photo_1

年齢・資産は年末期日基準。
グラフの元になった表はこちら。

20200107_photo_2

貯金に目覚める10年前までは宵越しの金を持たない主義で散財していたわたしが、亀の歩みで頑張った成果が一目でわかるグラフ&表です。

37歳        資産残高 396,312円
38歳 +127,186円 資産残高 523,498円
39歳   +79,947円 資産残高 603,445円
40歳 +128,783円 資産残高 732,228円

この3年間は「このままじゃヤバい気がするからボーナスのうち5万円を定期預金にしよう」とやっと貯金に目覚めた時期。

41歳 +212,319円 資産残高 944,547円
42歳 +170,740円 資産残高 1,115,287円

この2年間は「40歳過ぎてこれしか貯金がないのは流石にマズい」とボーナスのうち10万円を定期預金にした時期。

43歳 +1,445,626円 資産残高 2,560,913円
このブログを始めた年で、節約を真剣に始めた年。大病を患いましたが、唯一入っている掛け捨ての医療保険のおかげで大金を手にしました。

44歳 +288,066円 資産残高 2,848,979円
積立投信とiDeCoを始めた年ですが、晩年のペットの介護治療費、翌年の引っ越し費用の前払いなどで貯金が伸び悩みました。

45歳 +1,405,552円 資産残高 4,254,531円
築古狭小物件へ引っ越して月々の家賃を下げ、ふるさと納税とiDeCoで節税し、僅かながらですがブログ収益も得られるようになりました。

46歳 +1,976,259円 資産残高 6,230,790円
前年と同じく低家賃で支出を抑えつつ、引き続きふるさと納税&iDeCoで節税。メルカリ等で不要なオタクコレクションを売却。現金決済からキャッシュレス決済に切り替えてポイント等で還元を受けました。ずっと低迷していた投資信託が秋以降伸びた事も大きかったです。


10年間の資産額の推移を見てみると、4年前にこのブログを書きはじめた事が貯金体質への大きなターニングポイントになったな〜としみじみ思います。

今後も地道に頑張って、60歳までに2,000万円の資産を作りたいです!


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

2019年12月末の資産をまとめました。 比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200101_photo_1

20200101_photo_2

先月末の資産から526,590円増えました。


収支との比較

11月末と比べてリスク資産のiDeCoが+6,807円、積立投信が+54,773円=合計+61,580円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の12月の収支は+465,010円。
それにリスク資産が増えた分+61,580円を足すと+526,590円。
純資産の増減値+526,590円と一致します。


12月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=1,999,998円
生活資金(目安30〜50万円)=386,175円
余裕資金(老後まで使わないお金)=4,010,539円

生活資金から負債(カード引き落とし額=165,922円)を引いた実質生活資金は220,253円です。


資産運用したおかげで1年間で198万円増えました!

1年前の2018年12月末の資産は4,254,531円でした。



2019年12月末の資産は6,230,790円なので、1年間で1,976,259円=約198万円増えたことになります。

ひとつ前の記事の通り、家計簿(収支)上ではこの1年間で貯金した金額は154万円。

つまり、資産増加額198万円と貯金額154万円の差額の44万円は投資信託とiDeCoで資産運用して増えた分という事です。

iDeCoはもとより、投資信託も14年後の60歳になるまで使う予定のないお金で運用しています。

これからも地道にインデックスファンドを淡々と積み立てて老後の備えを作っていこうと思っています。


3年前の43歳の時からはじめた資産運用、小額からでももっと若いうちにはじめてれば良かった!
と思わないでもないですが…、スロースタートだった分、実直に頑張ります!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

2019年11月末の資産をまとめました。 比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20191202_photo_4

20191202_photo_5

先月末の資産から211,836円増えました。


収支との比較

10月末と比べてリスク資産のiDeCoが+13,445円、積立投信が+86,874円=合計+100,319円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の11月の収支は+111,517円。
それにリスク資産が増えた分+100,319円を足すと+211,836円。
純資産の増減値+211,836円と一致します。


11月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=1,999,999円
生活資金(目安30〜50万円)=364,936円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,402,955円

生活資金から負債(カード引き落とし額=63,690円)を引いた実質生活資金は301,246円です。


9年前、37歳。総資産額は39万円でした

現在は順調にお金を増やすことが出来ているわたしですが、9年前の12月末時点での総資産額はたったの39万円でした。。。



37歳といったら周囲の同世代の人たちは結婚・出産・子育てなどで忙しい時期。

なのにその頃のわたしときたらその3つに全く興味がなくて(ついでに言うと恋愛にも興味なし)、全力で趣味に打ち込んで散在しまくっていました。



何かにハマると壊れたように暴走するんですよねー。

そして現場で同じ趣味の常連と仲良くなり、暴走系常連同士歯止めが効かなくなるという。。(苦笑)

なので今後何かにハマっても暴走しないように、ひとりでのんびり楽しもうと思います。
といっても今年の春、とあるものにハマって遠征3回を含む散在をしまくったんですけど…😅

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

2019年10月末の資産をまとめました。 比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20191103_photo_1

20191103_photo_2

先月末の資産から102,716円増えました。


収支との比較

9月末と比べてリスク資産のiDeCoが+8,013円、積立投信が+67,112円=合計+75,125円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の10月の収支は+27,591円。
それにリスク資産が増えた分+75,125円を足すと+102,716円。
純資産の増減値+102,716円と一致します。


10月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=1,999,999円
生活資金(目安30〜50万円)=345,999円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,258,633円

生活資金から負債(カード引き落とし額=112,267円)を引いた実質生活資金は233,732円です。


2年半前の資産との比較

このブログを始めたのは2016年の4月。3年半前です。

その頃は「この年齢の割に同世代の独身の人たちに比べてお金がない、節約節約!!」
と日々貧相な食生活をして、それを記事として公開していました。

最初の頃は家計簿だけを公開していて、資産も公開するようになったのはブログ開始から1年後の2017年4月。

その時の記事はこちらです。



40代半ばの賃貸暮らし独身、全資産260万円。焦りしかありませんでした。

この頃、「このままではいけない。堅実な資産運用について考えよう」と図書館で本を借りて勉強し、
ネット証券会社から投資信託の資料を取り寄せ、手探りながらも月1万円から投資信託の積み立てを開始しました。

改訂版 一番やさしい!一番くわしい! はじめての「投資信託」入門 [ 竹川 美奈子 ]
改訂版 一番やさしい!一番くわしい! はじめての「投資信託」入門 [ 竹川 美奈子 ]

『お金を貯める=銀行に定期預金』しか知らなかった2年半前の自分が、今の自分のブログの資産表を見たら腰を抜かすんじゃないかと思います(笑)

なんだか最近、色んなことに対して気持ちに余裕ができたな〜。と、ふと感じたので、過去の記事を振り返ってみました。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

↑このページのトップヘ