宵越しの金を持ちたい【都内賃貸一人暮らしOLの貯金道】

40代独身 都内賃貸ひとり暮らしOLの家計簿・資産・給与明細公開ブログ。 月給低めながらも年間貯金目標額150万円を3年連続で達成できました。

半年前、スマホからガラケーに機種変しました。

その結果、月額使用料が6,500円から1,300円前後になり、月額使用料が約5,000円も安くなりました。

通話契約の無くなったスマホはポケットwifi(元々家のパソコンのネット用で契約済)で運用。
ガラケーは通話専用とし、家族以外との通話は緊急事以外に利用してません。遠方に済んでいる家族とは家族間通話無料の設定済み。Eメールは送受信とも無料のauのプランEシンプル。ガラケーではネットしない(EZ WEBに接続しない)という自分縛りです。

ガラケーは新品白ロムをAmazonで10,000円で購入。
たった2ヶ月でガラケー本体の元が取れました。

スマホ一台の時に比べて、ポケットwifi+スマホ+ガラケーと持ち歩く荷物は3つに増えたけれど、月々5,000円も安くなるならこれくらいの荷物が増えるなんてへっちゃら。

そして、ここ数ヶ月は普段の通勤でスマホに触らなくなったので、スマホとポケットwifiを持ち歩かなくなりました。
緊急用のガラケーだけ持ち歩き。

スマホを持たなくなった分、図書館で借りた文庫本を1冊持つようになり、むしろ、通勤電車の中でスマホを出したら負け、くらいの意気込みです。
電車の中、7人掛けシートのわたし以外全員スマホの画面に夢中になってても、わたしはスマホを出さないぞ!的な(笑)

思えば、わたしがスマホに触っている時間の9割はゲームでした。
そのゲームの時間が読書になっただけ。
スマホを持つようになる前は通勤電車で本を読んでいたから、以前に戻っただけ。


現在ポケットwifiが月4,000円弱のプランなので、それをもっと抑えたい所です。

絞り切ってもう使い切ったと思ってた洗顔フォームをハサミで半分に切ってみたら、あと5回は使えそうなくらい内側にへばりついてました。

ラッキー。
今さら?節約生活的には常識?


今日は遠征先でなるべくお金をかけずに時間を潰す場所をネットで探してて、いい場所を見つけたのでホクホクでした。
公園のベンチよりナイスな、誰でも利用できる屋根のあるちゃんとした公共施設。

この話はまた次回。遠征実行後に報告します^^

今日も貧しく慎ましく、必要最小限の日用品のみ買い足してきました。

時代小説とかを読んでいると、物の少ない生活があたりまえで、
世間の消費生活から掛け離れた今のわたしの慎ましい生活も当たり前の日常のように感じられるので、本の中の世界が心の支えになってます。

本は勿論、図書館で借りてます。

元々本はよく読む方だったけど、節約生活をはじめたここ2〜3年は特に読書量が増えました。

本日ついに洗顔石鹸を使いきりました。

明日からは身体用の無添加石鹸を顔面兼用にします。

一本化で風呂場もスッキリシンプル。気持ちいい。


お弁当用のインスタント味噌汁も残り数個なのだけど、冷蔵庫の中に賞味期限が微妙に過ぎた味噌があるのに気付いたので、味噌玉を作って持っていけばいいことに気付きました。

あるもので間に合わせる生活。楽しんだもの勝ち♪
いままでも節約生活してたつもりだけど、まだまだ新しい発見がいっぱい(^o^)

会社帰り、スーパーやコンビニに寄ったり、ドラッグストアでちょっと買い物したりなんかで、気付いたらあっという間に財布の中からお金が無くなってる。

そんな使い方をコントロールするため、ここ2ヶ月試して上手くいってる事があります。

それは、「ひと月にスーパー、コンビニ、DSで使う金額を3万円まで」と決めて、お札を5千円毎に小分けにしてクリップして、使える日にちを書いた付箋を貼っておく事。

財布を開く度に付箋の日付が目に入るので、○○日まではクリップしてないこの分しか使えない、と実感として分かり、使い方をコントロール出来るようになりました。

今まで普通に買ってた洗顔石鹸も1,000円近くするので、その分食品購入費を抑えるか、もしくは安い石鹸に変えるか、と消耗品の質を見直す機会にもなったり。

まあ、今使ってる洗顔石鹸が無くなったら、身体用に使ってる無添加牛乳石鹸で顔も洗おうと思ってるところなんですが(汗)

あと、食料&日用品以外の、わたしにとって大事な潤い=趣味費用も毎日持ち歩いてる財布に入れてるんですが、この話はまた次回^^

↑このページのトップヘ