宵越しの金を持ちたい【都内賃貸一人暮らしOLの貯金道】

40代独身 都内賃貸ひとり暮らしOLの家計簿・資産・給与明細公開ブログ。 月給低めながらも年間貯金目標額150万円を3年連続で達成できました。

IMG_0616

五分で作った弁当。どんなに時間がなくても作る。餃子はセブンイレブンの五個で100円のやつ。

高校卒業後すぐに正社員で就職し、そのまま辞める事なく勤続20数年目になる私の給与明細を公開します。

2月に支給された1月の勤務についての給与、 H29年2月の手取り(216,738円)の明細です。
都内同種企業の間でもうちの会社は特に給与額が少ないと言われています。

本給:226,950
職能給:50,000
役職手当:12,000
超勤手当:0(この月は残業しなかった)
--------------------
支給総額:288,950

健康保険:12,645
介護保険:2,100
厚生年金:22,323
年金基金:7,650
雇用保険:1,156
所得税:6,300
住民税:15,100(先日ふるさと納税をしたので、来年度は住民税が少し下がるはず)
医療保険:2,169(20年前に任意で入ったがん保険。これのおかげで診断給付金を100万以上貰えた)
組合費:2,769
--------------------
削除総額:72,212

差引支給額(手取り):216,738

IMG_0594


定番の切り干し大根+乾燥しいたけスライス+しめじ+にんじん千切りの煮物。

土日は家に引き籠もって1円も使わずに過ごしました。
買い置きしていたヘナで白髪染めしたり、コタツをしまってコタツ布団を洗って干したり、この冬一度も着なかった冬服をゴミ袋に入れたりなど。
引き籠もってたけど有意義な土日でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

20170409_photo_1
20170409_photo_2

差分:プラス 19,552

先月に続き、差分プラス。
趣味費(12,838円)は先月とほぼ同様。この調子で気を引き締めていきたい。
ペット費(25,499円)は2ヶ月に一度の検診月のため多め。
自分が膀胱炎になりかけたため、医療費で余計な薬代(腎仙散2箱 3,196円)がかかってしまった。

半年ほど前から徐々に貯めはじめた年利0.5%の社内預金にはじめての利息(1,825円)がついた。
今後、社内預金限度額MAXをキープできたら、常に半年で5,000円の利息が付くことになる。
限度額MAXまで頑張る!

前回の記事で書いていた「3月からの食費対策」は、発泡酒をケース買いした事。
というのも、今までほぼ毎日缶ビール(発泡酒)を買うためコンビニに行っていて、無駄なつまみまで買っていたのが食費の増加の一因だと気付き、対策として、3月あたまに初めて酒屋で発泡酒をケース買いして、ひと月様子を見てみた。

その結果、3月の食費の内訳
食料:16,192
内食:1,269
外食:500
酒類:6,217
-----------------
合計:24,278

酒は約2ヶ月分買ってこの金額なので、3月の実質の食費は20,000円程度。
なによりも、酒と一緒に無駄なスナック菓子を買わなくなり、食料品は週に2回スーパーで購入するだけになって、節約的にも健康的にも大きなプラスになった。

20170304_photo_1
20170304_photo_2

差分:プラス 111,790円
賞与月以外で久し振りに差分プラス。

収入その他(81,460円)内訳
11月に払った医療費の一部還元 46,000円
通勤交通費の一部補助 35,640円

ペット費(9,262円)は月によって上下が大きいが、平均して月に20,000円程度。
趣味費(16,496円)は2月は少なく済んだが、何とかしたい。多くのイベントに参加するのではなく、少なく参加して、ひとつひとつを噛み締めて満たされたい。
今月は余裕があったので初めてふるさと納税(10,000円)をしてみた。

病後、食費に対するストッパーが外れて、毎月の食費が上がっている。
なので、3月から対策を考えた。
その結果はまた1ヶ月後に。

↑このページのトップヘ