宵越しの金を持ちたい【都内賃貸一人暮らしOLの貯金道】

40代独身 都内賃貸ひとり暮らしOLの家計簿・資産・給与明細公開ブログ。 月給低めながらも年間貯金目標額150万円を3年連続で達成できました。

食費オーバーだった6月を反省し、7月から気持ちを引き締めて、「無駄遣いを減らすため、食料品を買いに行く回数を減らす」という試みにチャレンジしてみることにした。

6/30(金)に少しだけ購入した後から試みスタート。

7/1(土)昼
20170701

7/2(日)昼
4ec0efad_1

7/3(月)夜
20170703
さすがに食品が尽きて来て、増えるワカメをふやかしただけのおかず登場(右端)。

火曜夜はスーパーに寄ろうと思っていたのに、会社帰りに地元駅を降りたら台風の影響の土砂降り。
びしょ濡れになってまでスーパーに寄るよりは、卵かけご飯だけでいいか。とまっすぐ帰宅し、冷蔵庫の中にあったものを片っ端からかき集めた夕食がこちら↓

7/4(火)
20170704
具なし味噌汁が虚しいけれど、冷蔵庫に何もないと思ってた割にそこそこしっかりとした夕食になった。

明日の弁当をつめたら、残る食材は、乾燥大豆、切り干し大根、キャベツ1/4、キウイ1個、米、調味料、酒。
冷蔵庫の中も冷凍庫の中もスカスカ。

明日はスーパーで4日分の食材を買い込もう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

20170702_photo_1
20170702_photo_2

先月より432,600円増。
賞与が434,862円だったのでボーナス分だけ増えたという事。
毎月の給与からも貯蓄できるように気を引き締めないと。

あと59,000円で資産がついに300万円になる。

とはいえ来月、年に一度の大型出費が大きく出るので、12月までに300万を達成できたらいいな、という計画で。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

20170701_photo_1

20170701_photo_2

【支出】
食費が前月より6,000円増加。原因はコンビニの利用が多かったため。
その6,000円を趣味の費用に使えたとすると…と思うと更に後悔が募る。
1年前にやめてしまっていた食費・日用品費の封筒小分けを再開して気を引き締めよう。

趣味費は抑えめ。7月は更に趣味費を抑えられる予定。

光熱費は1年で一番かからない月なのでかなり削減。

美容衣服は通勤服1着、美容院、職場用の靴。靴は数日履いてから足に合わないことがわかり後悔。今後は柔らかい靴しか買わない。

大型出費は5〜6年ぶりのメガネの買い替え。だいぶ視力が下がっていた。ブルーライトカットも入れたのでパソコンの画面が見やすい。買い替えて良かった。

【収入】
ボーナス出ました。1.9ヶ月分。ありがたい。一切無駄使いせず、今後使う予定の決まっている大型出費用口座と投資信託用の振替口座に資金移動済み。
その他の項目はsuicaとnanacoのポイント還元。

【収入ー支出】
プラス433,911円。ボーナスがそのままプラス値。
ここから大型出費用180,000円を引いた残りの253,911円は、半年分の積立投信とiDeCoで42,000円×6ヶ月=252,000円、老後に向けてしっかり貯蓄。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

小銭貯金をしてるつもりじゃ無いけど、ピカピカの綺麗な硬貨を見るとテンションが上がるのでなんとなく集めている。

IMG_0932


全部で7,500円くらい。
うち5,000円は五百円硬貨。

五百円貯金も面白そうだけど、少し検索しただけでも預け入れの時に何かと大変そうなので、このタッパーが一杯になったくらいで溜めるのは打ち止めて、たまに眺めてニヤニヤする程度に留めておこう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

積立投信の金額を月1万円から3万円に増やした。
ファンドも一つ追加して、3つのファンドにそれぞれ1万ずつ。
国民年金基金からまだ連絡がこないiDeCoも合わせて月4万2千円の積み立て。

いきなりハードルを上げ過ぎだけど、今までの人生で散財してた分も頑張らないと。

これでも年間で504,000円しか貯金(運用)に回してないのだから、まだまだ少ない気がする。


今日の晩御飯。

IMG_0929

昼の弁当の大豆が胃の中で膨らんでいたせいか、あまりお腹が空かなかったので夜はこれだけ。

残りは明日の朝ごはん&弁当のおかず用に冷凍。

IMG_0930

会社から支給された期限切れの備蓄品のアルファ米5食はこれで食べ終わり。
あっという間だった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ