47歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2021年1月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20210202_photo_1

20210202_photo_3

リスク資産の価格が上がったので、先月末の純資産から185,682円増えました。


収支との比較

前月末と比べてリスク資産のiDeCoが+11,080円、積立投信が+132,843円=合計+143,923円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の家計簿上での収支は+41,759円。
その数字にリスク資産が増えた分143,923円を足すと+185,682円。
純資産の増減値と一致します。


1月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=557,694円
余裕資金(老後まで使わないお金)=6,464,106円

生活資金から負債(カード引落予定額)を引いた実質生活資金は448,227円です。


折り返し地点が見えて来た

1月末の時点で資産残高が遂に900万円を超えました!
…といっても、負債(カード引き落とし)額を引く前、かつ、現在リスク資産が好調な事が大きな要因ですが。

それでも、資産残高が900万ということは、夢の1,000万円まであと100万円!という事で。

10年前の37歳の12月末時点で全財産かき集めても39万円しか持っていなかった浪費家のわたしが、
そこから10年かけてコツコツ貯金して、図書館で本を借りて勉強して資産運用もはじめて、
やっっと!いっせんまんえんという未知の世界に手が届くところまで辿り着けました…!

貯金目標は『60歳までに退職金抜きで2,000万円貯める事』 なので、現在は折り返し地点間近、という感じです。


何事もなく自分一人でこのまま今まで通りに会社勤めをして暮らしていけたら、60歳前に目標の2,000万円は達成できそうです。

…が。

先日、実家の両親と電話をしていて、両親の預貯金全てを把握しまして。

「実家のためにわたしの貯金を崩して行く事になりそうだな…」

とちょっと覚悟を決めました。

わたしの実家の家族、びっくりするほど綱渡りな生活でした(笑)

いまのところ田舎で日々普通に暮らしているけれど、大きな出費(病気怪我、冠婚葬祭、家の修繕)が重なったらアウトな感じ。。


13年後まで使う予定のない「自分の老後資金」という枠組みの他に、「実家に何かあった時に使う援助用の資金」という枠の貯金をはじめないといけないな、と考えています。


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊