47歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2021年3月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20210403_photo_1

20210403_photo_2

決算手当が支給された事とリスク資産の価格が上がった事が重なり、先月末の純資産から513,490円増えました。

純資産がついに1,000万円に到達しそうですが、今はあまりにも株価のバブルが凄いのでこうなっているだけで(わたしの投信積立の半分以上は国内外の株メインで出来ているインデックスファンドです)、バブルがはじけたらだいぶ目減りするんじゃないかな〜と思っています。

素人目にもここ半年ほどの投信のリターン率の上がり方は異常ですし。




収支との比較

前月末と比べてリスク資産のiDeCoが+32,689円、積立投信が+181,248円=合計+213,937円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の家計簿上での収支は+299,553円。
その数字にリスク資産が増えた分213,937円を足すと+513,490円。
純資産の増減値と一致します。


3月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,040,000円
生活資金(目安30〜50万円)=935,205円
余裕資金(老後まで使わないお金)=6,925,255円

生活資金から負債(カード引落予定額)を引いた実質生活資金は740,153円です。


人生初の決算手当の使い方に悩み中

高卒で1992年4月に今の会社に入社して、先月末で丸28年。

職場の先輩達の話では、わたしの入社前は夏冬のボーナスの他に毎年3月末に決算賞与が貰えたそうですが、1991年にバブルが崩壊した後は決算賞与は一度も支給されることはなく、1992年入社のわたしは決算賞与の存在すら知りませんでした。

それが、先月末、突然支給されたのです。



ここ数年、夏冬のボーナスは丸ごと投資信託の積立用口座に入れて、老後のための資産運用に回していました。

が、今回の決算賞与はそんな1年間の収入のルーティンから外れた突然舞い込んできたお金。

かつ、自分的に『28年間一つの会社にずっと勤めてきたお祝い』的な意味合いも感じられる特別なお金なので、
今までやってきた資産運用とは違う、何か特別な事に回したいな〜という気持ちがあって。


以前から薄く興味があった個別株の購入でもしてみようかと少し調べてみたものの、広く浅く投資するインデックスファンドに慣れすぎた身には、リスクが気になってどうしても手を出す気分になれず…。

けれど個人向け国債は金利が低いし…など、グルグル考えるうちに、結局生活資金用の普通預金口座に入れっぱなしになったままです。


特別な事ではない使い道としては、「実家援助用に取っておきたい」という気持ちが大きいけれど、
実家への援助がいつ発生するかは未定なので、金利の低い普通預金口座に寝かせておくよりは、値動きの安定したバランス型のインデックスファンドで運用しながら取っておこうかな…と漠然と考えています。

結局今までと同じ資産運用に使う気になっているというオチ(笑)


☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
クリックが更新の励みになります😊
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 
☆☆☆☆☆