48歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2021年7月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20210803_photo_1

20210803_photo_2

先月末の純資産から1,421円減って、純資産は1,071万円(ほぼ変化なし)でした。


収支との比較

20210803_photo_3

リスク資産の増減値は先月末比で-89,042円。かなり久し振りにマイナスでした。
(iDeCoと投資信託は今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算。株は先月末残高との比較です。)

ひとつ前の記事の家計簿上での収支は+87,621円。
その数字からリスク資産が減った分89,042円を引くと-1,421円。
純資産の増減値と一致します。

実は7月は家計簿上での収支に対して実際の資産残高が500円多いという結果だったのですが、
違算分の500円を「その他収入」に計上して純資産の増減値と一致させました。

資産残高が500円多いのは、ポイント払いした分の家計簿の計上漏れなのか、値引きされた何かを買った際に値引き前の金額で家計簿に計上してしまったのか(Amazon通販を使う時によくやってしまう)。

ほとんどしていない現金決済で偶々お釣りを多く貰ってしまっていた、という可能性も無きにしも非ず。

さてどれでしょう?

7月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,120,000円
生活資金(目安30〜50万円)=423,922円
余裕資金(老後まで使わないお金)=8,236,103円

生活資金から負債(カード引落予定額)を引いた実質生活資金は361,819円です。


株が値下がりしてました

上の表を見ての通り、わたしが保有している唯一の愛しい株ちゃん(JR東)が値下がりしてまして、先月同時期に比べて現在-64,800円です。

購入時価格に比べたら-24,700円なので大したダメージでは無いですが、安定したインデックスファンドで長期積立だけをずっとやってきた身からしたら、

個別株ってスリリングだな…。

というイメージが強まりました。

株が値下がりしていなかったら今月の純資産の増減値もマイナスじゃなかったですしね。

色んな銘柄の個別株に分散して投資する財力が無い(そして選別能力もない)わたしにはやっぱり、色んな株が組み合わされた投資信託が向いています。

ただ、JR東は純粋に応援している大好きな企業なので株を買ったことは後悔していません。
東北新幹線がなければ実家に帰るのに丸1日かかるし(飛行機を使う手もないことは無いけれど、高い+本数が少ない+実家から空港まで結構遠い)、JRがなければ毎日の通勤もままならないし。

安定を好むわたしは、もう個別株は買うことは無いと思うけれど、もしもうひとつ買うとしたらどこがいいかな~という妄想はしています(笑)

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
クリックが更新の励みになります😊
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 
☆☆☆☆☆

そんで、買うとしたらJR東海(遠征で一番お世話になってる)か、ANA(遠征で以下略)と浮かんでしまうあたり、全く分散投資できてないので、やはりわたしは個別株で投資するには世間全体を見る目も知識も足りないなと自覚するに至ります。

うん、投資信託の積み立てでいいや(笑)