先日の記事に書いた通り、現在 戸籍謄本を取得する手続きをしている最中です。

戸籍謄本を取るなんて48年生きてきて初めての手続きなもので、四苦八苦しています。

戸籍謄本を取る理由はこちら↓
『3Gガラケーのタイムリミット…遂に観念しました』


今までマイナンバーカードを使ってコンビニのマルチコピー機で住民票を取る事は何度かしていたので、同じように戸籍謄本もすぐに取れるものだと思っていたら、
住民票と違う市区町村に本籍地がある場合は、まず最初に本籍地の市区町村に対して「戸籍証明書のコンビニ交付利用登録申請」をしなくてはならないんですね。




わたしは本籍地が雪国の故郷のままなので、まず最初にマルチコピー機でその申請手続きをしました。

マルチコピー機にマイナンバーカードをセットし、本籍の住所を番地まで漢字でフル入力し、本籍の筆頭者の氏名(わたしの場合は父の氏名)も漢字でフル入力。

わたしの本籍は田舎なため住所が無駄に長くて(笑)、これが結構手間がかかりました。
父の名前も普通に変換できない漢字3文字だし(^_^;)


それから3日ほど待って、登録申請サイトのステータスが「利用登録完了」になっている事をスマホで確認。
(登録申請サイト側からは「利用登録完了したよ」という連絡は来ないので、自分で確認しに行かないと分かりません)


わたしが利用登録完了のステータスを確認したのが金曜日の朝で、その日の仕事帰りにコンビニのマルチコピー機でいざ戸籍謄本を印刷!

…しようとしたら、「戸籍謄本交付の利用可能時間は平日の9:00~17:15まで」のエラーメッセージが出て印刷できませんでした(笑)。←イマココ。


そんなわけで、土日を挟んでしまったため戸籍謄本の取得に一週間もかかってます(^_^;)

月曜日の昼休みにコンビニに行かないと。


~メッセージ返信~

■これから貯金をはじめるMさま
このブログが力になれたようで嬉しいです。
貯金頑張ってください!ブログ応援しています(^^)/

■資産運用をはじめるRさま
わたしの積み立てているファンドは運用管理費用の安いeMAXIS Slimシリーズです。



NISAで投信の積立をはじめた頃はどのファンドを選べばいいのかさっぱりわからず、当時大人気だったアクティブファンドに手を出してみたりもしましたが、経済評論家の山崎元先生の本を読んで運用コストを抑える事の重要さを知り、それ以降の新規の積立ファンドはeMAXIS Slim一択になりました。

こちらの本が本当におススメですので、投信を始める前にぜひ一読してみてください(^o^)



☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
クリックが更新の励みになります😊
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 
☆☆☆☆☆

この記事を書いている途中ちょっと調べたら、パスポートを取る時も戸籍謄本が必要なんですね。
30年近く前にパスポートを取ったのですが(現在失効中)、その時は親に頼んで戸籍謄本を取ってもらったんだろうなぁ…。