宵越しの金を持ちたい【都内賃貸一人暮らしOLの貯金道】

40代独身 都内賃貸ひとり暮らしOLの家計簿・資産・給与明細公開ブログ。 月給低めながらも年間貯金目標額150万円を2年連続で達成できました。

カテゴリ: 資産公開

47歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年9月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20201004_photo_1

20201004_photo_2

先月末の純資産から117,984円増えました。


収支との比較

前月末と比べてリスク資産のiDeCoが-1,963円、積立投信が-5,594円=合計-7,557円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の家計簿上での9月の収支は+125,541円。
その数字からリスク資産が減った分7,557円を引くと+117,984円。
純資産の増減値と一致します。


9月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=1,989,029円
生活資金(目安30〜50万円)=590,193円
余裕資金(老後まで使わないお金)=5,252,386円

生活資金から負債(カード引落予定額)を引いた実質生活資金は405,836円です。


過去10年間の資産の変動

30代後半まで宵越しの金を持たない主義で散財していたわたしが、
「このままではいけない気がする…」とやっと貯金を始めて11年目。

その11年間の資産額の変動はこのグラフの通りです。

20201004_photo_3

資産額は各年齢の年末の時点、47歳は現時点での金額です。

37歳の時点で全資産50万円以下だったわたしが、このブログを書き始めた43歳の時をターニングポイントとして貯金体質に生まれ変わることができました。

18歳で就職してから一度も転職しておらず、手取りの給料は劇的には変わっていません。

貯金を始めようと思った37歳になるまでの20年間、将来に不安も感じずよくもまあこれだけ有り金を使い切っていたなと逆に感心する思いです。
そこから42歳までの6年間もボーナスの一部を定期預金にしただけで満足して、残りは全部使い切っていたし。。(笑)


何に散財していたのかというと、半分以上はオタ活です。

10代の頃から今に至るまでオタク街道まっしぐらな人生で、周囲には『推しに貢ぐ事が生き甲斐!』というオタク友達しかいなかったので、むしろ『自分のために貯金をするなんてオタとして失格』くらいに思っていました。

アホの極みですね。

あとはまあ、給料に見合わないハイスペックな物件に住んでいた事とか…。
散財目的を数え上げるとキリがありません。


もし20代の頃の自分に一言アドバイスできるとしたら、
「その財形貯蓄の積立を解約するのはやめておけ」
と言いたい。

入社してすぐの頃、給料から天引きで毎月1万円を財形貯蓄で積み立てる設定をしていたのですが、20代半ばで引越し続きでお金が無くなった時に積立を解約してしまったんですよね。

財形貯蓄をやめていなかったら、37歳の時点で年間12万円×20年間=240万円。
有り金を使い果たす性格だからこそ、給料天引きでの貯金は最強の方法だったのに。

現在だったらiDeCoでの強制積立ですかね。60歳まで解約できないし。


わたしは実家の事情が複雑で、60歳までに2,000万円貯めてもまだ不安要素がてんこ盛りなので、その不安を薄めるためにも貯蓄を頑張ります!

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊


↑スマホアプリを1タッチするだけで読者登録しているライブドアのブログの更新を確認できるので便利です。(LINEの更新通知はOFFにする事もできます)
宜しければ読者登録よろしくお願いします😊

47歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年8月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200902_photo_1

20200902_photo_2

先月末の純資産から395,536円増えました。


収支との比較

前月末と比べてリスク資産のiDeCoが+33,920円、積立投信が+231,320円=合計+265,240円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の8月の収支は+130,296円。
その数字にリスク資産が増えた分+265,240円を足すと+395,536円。
純資産の増減値と一致します。


8月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=365,989円
余裕資金(老後まで使わないお金)=5,217,937円

生活資金から負債(カード引落予定額)を引いた実質生活資金は311,330円です。


増え過ぎた生活資金の一部を資産運用に回しました

わたしは日々の生活に使うためのお金=生活資金の残高の目安を30〜50万円としています。

この半年間、コロナの影響で支出(趣味娯楽&交際費)が激減し、その結果、生活資金の残高が目安の上限50万円から溢れてしまいました。

好きな事に自由に使えるお金が手元にだぶついている。
けれども一番好きな事(ライブ参戦&観劇)は出来ないストレス。

そして案の定、7万円もするタブレットを衝動買いしてしまいました…。


このまま趣味娯楽&交際にお金を使えない日々が続くと、また衝動的に無駄使いしてしまう。


その危険からお金を守るため、増え過ぎてしまった生活資金の一部を定期預金にしました。



この記事を書いた時にメッセージをいただきました。(ありがとうございます!)
遅ればせながら、メッセージへの返事です。
わたしが定期預金を作った金融機関はかなりマイナー系なので詳細は公開できませんが、似たような抽選くじ付きの定期預金です😊


実質生活資金のリバランス完了


増え過ぎた生活資金の一部を定期預金に移した結果、生活資金が自分的に適正な目安に戻りました。

20200902_photo_3

大型出費や冠婚葬祭が続いたらちょっと足りなくなるかも?くらいのギリギリめの金額の方がわたし的には緊張感があって、財布の紐が引き締まります。


にしても、このブログを書き始めた4年4ヶ月前は42歳で全資産が100万円しかなくて、
絶望のどん底で爪に火を点すような貧乏生活を書き綴っていたのに、
今は「生活資金が溢れて無駄使いしちゃって困っちゃう!」とか言ってて。

4年前の自分が今のこのブログを読んだらどう感じるんでしょう。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊


↑スマホアプリを1タッチするだけで読者登録しているライブドアのブログの更新を確認できるので便利です。(LINEの更新通知はOFFにする事もできます)
宜しければ読者登録よろしくお願いします😊

47歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年7月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200803_photo_1

20200803_photo_2

先月末の純資産から43,831円増えました。


収支との比較

前月末と比べてリスク資産のiDeCoが-4,899円、積立投信が-12,929円=合計-17,828円。(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の7月の収支は+61,659円。
その数字からリスク資産が減った分-17,828円を引くと+43,831円。
純資産の増減値と一致します。


7月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=598,039円
余裕資金(老後まで使わないお金)=4,610,692円

生活資金から負債(カード引落予定額)を引いた実質生活資金は523,039円です。


要注意!実質生活資金が増加中

わたしは日々の生活に使うためのお金=生活資金の残高の目安を30〜50万円としています。

残高がそれ以下だと冠婚葬祭等が続いた場合に生活防衛資金の200万円を取り崩す事になってしまうし、
残高がそれ以上になってしまうと気が大きくなって不必要なモノに無駄使いしてしまう性格だからです。


ここ数ヶ月その生活資金が徐々に増え始めていて、そこに今年5月に特別定額給付金10万円が振り込まれ、それを使えないままキープしているため、カード引落額を引いた実質生活資金目安の50万円を超えてしまってます。

20200803_photo_3

日々の生活に使えるお金が増えているという意味では良い事なのですが、わたし的には無駄使いモード突入の危険なラインです。
その傾向の一つが、6月に発作的に買ったタブレット(カバー代込みで71,317円)です。


給付金の10万円はコロナが落ち着いたら温泉&サウナ旅行に使おうと思ってるのですが、その目的に使うには年内は無理な気がするし…。


給付金の10万円分を除いても現在少し多めな生活資金の余剰分を、無駄使いではない有意義な事に使うため、落ち着いてじっくり考えようと思います。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊


↑スマホアプリを1タッチするだけで読者登録しているライブドアのブログの更新を確認できるので便利です。(LINEの更新通知はOFFにする事もできます)
宜しければ読者登録よろしくお願いします😊

47歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年6月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200602_photo_1

20200602_photo_2

先月末の純資産から559,074円増えました。


収支との比較

5月末と比べてリスク資産のiDeCoが+5,977円、積立投信が+64,860円=合計+70,837円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の6月の収支は+488,237円。
その数字にリスク資産が増えた分+70,837円を足すと+559,074円。
純資産の増減値と一致します。


6月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=651,205円
余裕資金(老後まで使わないお金)=4,586,515円

生活資金から負債(カード引落予定額)を引いた実質生活資金は503,385円です。


純資産が700万円超えました!


このブログを書き始めた4年前の2016年4月、42歳のわたしの純資産は120万円ほどでした。
同世代の独身者でこんなにお金を持っていないのはわたしだけだ…と惨めな気持ちでした。
(特にブログの最初の頃の文章にはその頃の悲壮感が色濃く漂っています。)

お金の事を相談できるような友人もいなく、故郷の両親にも当然言えない。

そこで、自分と同じような誰かに向けて貯金状況を発信して、貯金のモチベーションを上げて行こう。
そう思いついて書き始めたのがこのブログでした。

そこから4年。

病気や引っ越しなど色んな事を乗り越えて、遂に純資産額が700万円を超えました。

700万円のうちの450万円は価格変動のある投資信託&iDeCo=リスク資産なので来月にはまた700万円を割っているかもしれません。

けれど、ここまで地道に頑張ってきたからこその700万円という数字だと思います。

これからも堅実に節約&貯金を頑張って行きたいと思います。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊


↑スマホアプリを1タッチするだけで読者登録しているライブドアのブログの更新を確認できるので便利です。(LINEの更新通知はOFFにする事もできます)
宜しければ読者登録よろしくお願いします😊

46歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年5月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200602_photo_1

20200602_photo_2

先月末の資産から474,167円増えました。


収支との比較

4月末と比べてリスク資産のiDeCoが+29,691円、積立投信が+232,316円=合計+262,007円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の5月の収支は+212,160円。
その数字にリスク資産が増えた分+262,007円を足すと+474,167円。
純資産の増減値と一致します。


5月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=648,883円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,971,674円

生活資金から負債(カード引落予定額)を引いた実質生活資金は559,152円です。


リスク資産が徐々に回復しています

国内外の新型コロナの影響で2〜3月はリスク資産の投信&iDeCoが大きく値下がりし資産の減少が続いていましたが、4〜5月で徐々にリスク資産が回復してきています。
とは言っても今までの積立額に対してのトータルではまだ減ったままですが。

リスク資産の投信&iDeCoのお金は60歳になる14年後まで手を付けない予定の余裕資金で運用しているので、14年後までには利益が出るだろうと気長にのんびり構えています。

10年後、56歳くらいの時点でそこそこの利益が出ていたら、リスク資産は国債などのリスクの低い商品に買い替えていこうと思っています。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

46歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年4月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200503_photo_1

20200503_photo_2

先月末の資産から252,697円増えました。


収支との比較

3月末と比べてリスク資産のiDeCoが+16,747円、積立投信が+140,429円=合計+157,176円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の4月の収支は+95,521円。
その数字にリスク資産が増えた分+157,176円を足すと+252,697円。
純資産の増減値と一致します。


4月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=431,540円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,667,664円

生活資金から負債(カード引き落とし額=42,545円)を引いた実質生活資金は388,995円です。


リスク資産が少し回復しました

国内外の新型コロナの影響で2月〜3月はリスク資産の投信&iDeCoが大きく値下がりし資産の減少が続いていましたが、4月末は少し盛り返したお陰で2ヶ月ぶりに資産が増えました。

増えたとは言っても、2ヶ月で計48万円減ったのが25万円戻っただけで、トータルではまだ減ったままですが。

リスク資産の投信&iDeCoのお金は60歳になる14年後まで手を付けない予定の余裕資金で運用しているので、14年後までには利益が出るだろうと気長にのんびり構えています。

10年後、56歳くらいの時点でそこそこの利益が出ていたら、リスク資産は国債などのリスクの低い商品に買い替えていこうと思っています。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

46歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年3月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200403_photo_1

20200403_photo_2

先月末の資産から293,077円減りました。


収支との比較

2月末と比べてリスク資産のiDeCoがー38,768、積立投信がー316,652円=合計ー355,420円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の2月の収支は+62,343円。
そこからリスク資産が減った分ー355,420円を引くとー293,077円。
純資産の増減値と一致します。


3月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=1,998,917円
生活資金(目安30〜50万円)=474,512円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,468,485円

生活資金から負債(カード引き落とし額=137,952円)を引いた実質生活資金は336,560円です。


コロナの影響でリスク資産暴落中!

3月は家計簿(収支)的には62,343円の黒字だったのですがコロナウイルスの影響で全世界の経済状況が悪化し、先月に引き続きリスク資産が大幅に目減りし、先月に比べて金融資産が293,077円減りました。

…が、わたしはリスク資産は老後(15年後)まで全く手を付ける予定のない余裕資金で運用していて、余裕資金は『お金』ではない『自分の手を離れた遠くのモノ』という感覚。

かつ、保守的なインデックスファンドで地味な運用をしている事もあり、

「なんだか今はかなり減ってるけど、15年後までにはそのうち盛り返すんじゃないかなー」

と気楽に考えていて、危機感を感じていません。


「未曾有の経済危機!!」と恐怖に駆られて手持ちの投信を今すぐ売却したところで315,960円の損失。




iDeCoは60歳になる14年後まで売却できないし、今さら無リスクの定期預金などの商品にしたところで88,663円の損失。




どうせ損するんだったらジタバタせずにドーンと構えて世界経済の波を受け止めてやるわー。
というスタンスは危機感がなさすぎるのでしょうか。

自分で積み立てているお金のはずなのに手を離れた途端に『お金じゃない何かのモノ』になってるという感覚は、もしかしたら危険な感覚なのかもしれませんね😓

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

46歳独身 都内賃貸一人暮らしOLの2020年2月末の資産をまとめました。
比較対象として過去2ヶ月分も載せています。

20200303_photo_1

20200303_photo_2

先月末の資産から184,229円減りました。


収支との比較

1月末と比べてリスク資産のiDeCoがー36,960、積立投信がー246,183円=合計ー283,143円。
(今月末残高から先月末残高と今月積立額を引いた計算です)

ひとつ前の記事の2月の収支は+98,914円。
そこからリスク資産が減った分ー283,143円を引くとー184,229円。
純資産の増減値と一致します。


2月末の3資産内訳

生活防衛資金(目安200万円)=2,000,000円
生活資金(目安30〜50万円)=475,457円
余裕資金(老後まで使わないお金)=3,781,900円

生活資金から負債(カード引き落とし額=160,318円)を引いた実質生活資金は315,139円です。


コロナの影響で投資信託が暴落!一気に資産が減りました

家計簿的には+98,914円という大幅な黒字で終わった2月ですが、コロナウイルスの影響で株価が暴落。
国内外の株メインで組んでいるわたしの手持ちの投資信託も暴落し、資産的にはひと月前に比べて283,143円値下がりしました。

が、日常に使う生活資金・何か重大な事が起こった際に使う生活防御資金とは完全に分けた『余裕資金(老後まで使う予定のないお金)』で運用しているので、現在一時的に値下がりしていても10年以内には回復するだろう、という気長なスタンスでいます。

日常生活面でも、資産運用面でも、世間のコロナウイルスパニックに振り回されずに淡々と過ごしたいと思います。

☆☆☆☆☆
訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックが更新の励みになります😊

↑このページのトップヘ